【movies】クルーシブル

監督:ニコラス・ハイトナー
出演:ウィノナ・ライダー、ダニエル・デイ・ルイス、他

実家に帰るとなにもかもやる気がなくなるので、
テレビとかビデオを見るとかしかしません。
そんなわけで観た映画。
(ちなみに帰省したのは正月なんですけどね。。)

私が中学〜高校時代に公開した映画ですが、
そういえば十数年も前の映画なんですよねぇ。
月日が経つのは早い。。。

17世紀後半、マサチューセッツ州の村・セイラム。
ある晩、村の娘たちが“おまじない”をするために村の近くの森に
集まっていた。
しかしその様子を牧師が目撃。
自分たちの行為を問われた娘たちが「悪魔のせいだ」と
言ったことから集会が開かれ、魔女裁判が開始される。
しかし、裁判はあらぬ方向へと進み、やがて村中を巻き込んでいく…。

最近見なくなったウィノナ・ライダーが主演。
男優ではダニエル・デイ・ルイスが渋い演技を見せている。

話の中心となるのは宗教と真実と社会制度。
宗教の教えに則って真実を捻じ曲げ、罪を素直に認めることで
社会的制裁は軽くなるが、果たしてそのようなことができるのか、と。

前半はこんなもんかなぁと思っていたが後半はなかなかに
引き込まれる。
キリスト教の教えというものが根深い社会ならではの視点で、
俳優らの演技が説得力を加えている。
迷信的なイメージに群集が誘導されていく様や、自分の親しい者たちが
次々と告発されていく(しかも、悪魔との契約という証明も
できないような罪によって)様子は分かりやすく考え深い。
もともと完璧ではない社会制度と宗教の持つ善悪観がほぼ同列に
扱われることによって人々の判断が狂い、狂気の連鎖という
最悪の事態に陥る流れがよく説明されていると思う。

特に、最終的に人物たちが認めるべき罪というものが、恥辱的というか
名誉に関わるものであるところが、判断を難しくしているポイント。
「それでもボクはやってない」じゃないけれど、思わず汚い言葉で
ののしりたくなってしまう。
自分が同じ状況ならどう答えるだろうか、あるいはどんな判断に
基づいて考えるべきかといったことを考えながら観れる。

なかなかの見応えのある良作と言える。


☆×3(5点満点中)

ウィノナのキレっぷりがまた見ものですよ。w

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2008-03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks