【movies】G.I.ジョー

監督:スティーヴン・ソマーズ
出演:チャニング・テイタム、シエナ・ミラー、デニス・クエイド、他

「ハムナプトラ」のスティーヴン・ソマーズ監督が
ハスブロの人気玩具を実写映画化です。

16世紀のフランスで一人の男が逮捕される。
その男は国王とその敵の両方に武器を売ったとして、灼熱の
鉄兜をつけさせられるという刑に処された。
そして時は流れ、そう遠くない未来、世界的な兵器開発企業・MARS産業の
開発した新兵器がNATOへ納入されようとしていた…。

正直、オリジナルのフィギュアはほどんど知らないのですが
まあ作品を楽しむ分にはたいした影響はないんじゃないかと
思います(笑)

全編通して、爆発、爆発、また爆発。
まるでUFOみたいに動く謎の敵攻撃機が登場かと思ったら
あっという間に火の海、そして爆発。
車も人も、はてはエッフェル塔までもがぶっ壊される。
「トランスフォーマー2」もたいがい破壊してたが、
ひょっとするとこっちのほうが火薬の量は
多いんじゃないかと思わされる。w

G.I.ジョーは秘密組織でありながら、あっさり基地への
敵の侵入を許すわ、パリの街中で真昼間から大暴れするわで
いまいち秘密感が沸いてこないが、まあ痛快娯楽作品というわけで
最後まで大目に見るべし。
“日本という名の異国”も登場するが、苦笑いでスルーだな。w

ストーリーは、意外にも過去と現在をいったり来たり。
登場人物それぞれの抱える問題点をちょろりちょろりと押さえて
展開される物語は、アクション映画としては十分及第点と言えそうだ。
個人的に、ソマーズ監督はそのへんのまとめ方の手腕が凄いと思う。
ちなみに最初に知ったのは「ザ・グリード」だったが、基本的な
スタイルはあのころから何も変わってない気がする。w

登場するガジェットの数々もなかなかに魅力的。
予告編でミサイル避けてた“加速スーツ”はもはや笑いのネタ。
正直、物語との絡みはほぼない(笑)
それ以外にも、何の伏線もなくちょっと登場するだけの
ツールがとにかく多い!
ていうか、そう遠くない未来とはとても思えないグッズも多いが…。

キャラクターの存在感もさるもので、それぞれクセのある登場人物
ばかりなので、誰が誰だか迷うことがない。
さりげにイ・ビョンホンが悪役忍者だったりするし、
デニス・クエイドの司令官はやっぱり渋い。
グラマラスなお姉さまたちは予告編で見る以上に
とんでもなく強かったりするので、そこも気が抜けない。


というわけで、終わってみればあっという間だが、
やはり火薬と爆発音以外はそんなに思い出せないのは無念か?


☆×3(5点満点中)

しかしどうにも、最近は思わせぶりに終わる映画が多すぎて困りますね。

【musics】LOSTMAN GO TO BUDOKAN!!

いやはや、まさかこの日が来るとは夢にも見なかったわけですが…。

さる9月16日は我らがthe pillowsの結成20周年、
で、なんと今年は日本武道館公演?!

チケット

というわけで行ってきましたよ、武道館!w

ちなみに16日は水曜日ですから、午前中まで会社(大阪)で仕事して、
新幹線に飛び乗ってライブに参戦し、翌日(今日)は
昼から仕事なので朝の新幹線で帰ってくるという、
まさに弾丸ツアー(笑)


しかしながら、その甲斐は十分にありましたねぇ!
the pillowsにとってこれほど記念すべき日に立ち会えたっていうのは
かなり感謝、感激でした。

まずは観客の数!
調べてみると武道館は、ライブの場合だと大体9,000人くらい収容できる
みたいですが、無論the pillowsのライブでそんな規模は
未体験ゾーン(笑)
開場前のグッズに並ぶ長蛇の列…。

行列

10分くらい並んだら買えた記憶もあったのになぁー。w

そして次に感慨深かったのが入り口!

武道館


本当に、武道館に“the pillows”の

文字が。


これだけでジーンときますね。w

そしてライブの中身はというと、まさに20年をすべて詰め込んだって
感じですかねぇ。
出だしが「Thank you, my twilight」っていうのも
驚きではありましたが、改めて歌詞を聴いてみると、なるほど納得。

「ストレンジカメレオン」とか「Swanky Street」とか、
普通に聴くと結構暗い曲とかもありますけど、その言葉の節々には
実は彼らの目指す夢というか、上を目指す思いみたいなものが
詰まってるんだなぁとしみじみ感じました。

さすが苦節20年。w


その全てがこの日のためにあったかのようなラインナップは、
かなり悩んで選んだんだろうなーって気がしましたね。

やっぱりいい「MY FOOT」や「Another Morning」も
たまらないですけど、個人的な最高潮は「Funny Bunny」ですかね!
開場全体で大合唱したシーンは、今思い出すだけでも
泣けてきますわー。
その他「HYBRID RAINBOW」もかつてない盛り上がりでしたし、
「Ride on Shootingstar」や「Little Busters」はもはや
体力じゃなくて気力で盛り上がってましたわ(笑)

ありがとうthe pillows。これで明日からも頑張れそうだぜ。
とりあえず今後走るときは“風の強い日を選んで”いこうか。


最後になりますが、チケット取ってくださったり泊めていただいたり
ワイワイ騒いでくれた皆さんにもありがとう。w

【movies】サマーウォーズ

監督:細田守
声の出演:神木隆之介、桜庭ななみ、谷村美月、他

多分、この夏一番面白かったと言える作品でしょう!

そう遠くない未来、仮想世界「OZ」の利用ユーザは世界で10億人を超え、
さまざまな企業・行政サービスを受けることができるようになっていた。
高校生の小磯健二は夏休み、OZの末端の仕組みを管理するというバイトを
こなしていたがある日、憧れの夏希先輩から別のバイトを頼まれ…。

監督は「時をかける少女」で一躍ブレイクした細田守。
全体的なテイストや精神は継承されていると感じる。
なんというか、すごくサイバーな世界観なのに妙なリアリティがあり、
同時に若い主人公たちの周りで展開されるドラマも
結構あったかい。
そしてその2つの柱が絶妙にうまくまとまっているのが素晴らしい。

まず、重要なテーマでもある仮想世界・OZの世界観は、
いわゆる“セカンドライフ”みたいな感じ。
細かいところはIT系の世界の人間じゃないと難しいかもしれないが、
存外、ミクシィだとかコミュニティサイトを利用したことがあれば
すんなり入れる世界かもしれない。
「マトリックス」みたいにギラギラなサイバーパンクじゃないが、
私たちに身近な感覚で描かれていることによって、
この作品のリアリティは逆に際立っている気がする。

まあ心配しなくとも、冒頭からOZの仕組みをしっかりレクチャして
くれるので初心者でも安心だ。
(ちなみに玄人でも割りと納得のいく構成に思えるだろう)

映像的には例のタイムリープを思い出させる。
白い背景で展開される躍動感あるアニメーションは、
やはりさすがのマッドハウスか。
某4度のスタジオみたいにアーティスティックなクセがないぶん、
万人受けしやすい作画だと思う。w

一方、ドラマのほうもさるもので、いまどき敢えて“大家族”を
選んだあたりも面白い。
いかにも日本の風習というか、自分が子供で実家にいたころを
ちょっとだけ思い出すような演出もちらほら見える。
登場人物たちの個性も豊かでいかにもアニメらしいというか、
意外なところで大人びたドラマがなかなか魅せてくれる。

そして何よりこの作品がいいと思うのは、その前向きな姿勢だと思う。
いかなる困難が立ちはだかろうと、みんなで一丸となって
それに立ち向かっていくという姿は見ていて非常に気持ちがいい。
最近観たのがまた、「ヱヴァ」とかなのでその反動が大きかった
せいかもしれないが…。

ともかく、個人的には今敏監督に次ぐ、新たな才能が今後も
良い作品を量産してくれることを期待したい。


☆×5(5点満点中)

ただ残念ながら、花札だけはわからなかったけど。。。

【science】いよいよ今晩

何気に、科学に関するカテゴリでは記事を書いてなかったことに
気づきました。w

そんなわけで、今晩はついに国産ロケット:H2Bが宇宙へ
飛び立つ日ですね。
名前にどうも違和感を覚えると思ったら、従来のH2A型の
改良版だそうで、主エンジンを2基積んでいるのが特徴だそうです。

ミッションは国際宇宙ステーションへの物資補給機(HTV)の運搬で、
これが従来の人工衛星よりも重いそうなので、2基のエンジンで
出力アップを図っているのだそうです。
ちなみにエンジン自体は新規開発ではなく、すでに実用化したもので
コストを抑えているのだとか。

21世紀は間違いなく(?)本格的な宇宙時代の幕開けに
なるでしょうから、今後の日本の発展のためにも無事成功して
ほしいですね。


ちなみにJAXAのページでライブ中継が見られるそうです。w
夜更かししても大丈夫、という方はぜひご覧あれ。

SPACE@NAVI-Kibo SPECIAL LIVE
http://www.jaxa.jp/countdown/h2bf1/live/index_j.html

最強の双発ロケット 「H2B」11日打ち上げ
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/life/m20090907026.html?C=S

【news】X-MEN THE NEXT:MICKEY MOUSE?

日々を生きているとさまざまなニュースが飛び交うのを目にしますが、
思わず二度見してしまうようなニュースも中にはあるわけですね。
一瞬なんだ、と思って「?!」となるような話が。

最近一番ショックだったのは間違いなくこれでしょう。

シンデレラ城をバックにスパイダーマンやX-MENがミッキーと踊る?
マーベルファンの不安
http://www.cinematoday.jp/page/N0019522


てなわけで、いまやハリウッドのドル箱スターの座も手に入れた
マーベルエンターテインメントのX-メンやスパイダーマンや
ハルクやアイアンマンなんかが、シンデレラ城の上に
デコレーションされちゃったりするかも?!
という前代未聞な買収劇でございます。

ディズニーにとっては新たな男性ファンを取り込みたい、という
思惑があるのでは?という意見もあるかと思いますが、
個人的にはウルヴァリンとミッキーは共存できない気がします(笑)

すでにシリーズ化された映画なんかに感してはこれまで通り
製作される見通しとのことですが、果たして今後何が起こるのか
想像もつかないですね。

とりあえず、目下USJ(ユニバーサルスタジオ)にある
スパイダーマン・ザ・ライドが舞浜に移設されるのかどうか、
見守りたいです。w

«  | HOME |  »

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2009-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks