【movies】ハンニバル・ライジング

監督:ピーター・ウェーバー
出演:ギャスパー・ウリエル、コン・リー、他

「羊たちの沈黙」以来、主役のクラリスそっちのけで頭角を現した
キャラクター:ハンニバルの誕生が描かれる。

リトアニアのレクター城で父と母、そして妹と共に育ったハンニバルだが、
第2次世界大戦の戦火によって無残にも両親を失ってしまう。
しかし不幸はそれで終わらず、戦争に乗じた犯罪グループによって
妹までも奪われてしまう。
戦後、叔父を探してフランスへ脱出したハンニバルは、
叔父の妻であるレディ・ムラサキなる人物と共に暮らすことになるが…。

ハンニバルといえば毎回奇抜な殺人と人食いで有名ですが、
今回の見所は「何故そんな人になったのか?」ってところです。
もちろんその鍵は妹の凄惨な死にあったわけですが、
最初の殺人の時から妙に完成されたハンニバルの風貌は
さすがにやりすぎって気もしましたね。。。

とはいえ、もはやハンニバル本人といってもいいアンソニー・ホプキンスが
演じてきたキャラクターに挑んだ若手のギャスパー・ウリエルは、
個人的には結構魅力があって良かったかなァと思います。
ただ、彼が老いてアンソニーになるのかはちょっとイメージし難いですが。。

何と言うか、骨格的に(笑)


物語の筋としては妹を殺した犯罪者たちをひとりひとり殺していくという、
ある種のヒーローものにも似た印象。
一応、日本人というレディ・ムラサキを演じたコン・リーは
若干日本人離れしたプロポーションでおいおいって感じがするのと、
鎧を崇拝する謎の文化にはちょっと馴染めない。
てか、日本文化がハンニバルに影響を与えたって、その後の作品の
どこにも現れてないのがどうにも後付け感を冗長してる気もします。

さて、見所がありそうでないかもしれない書きぷりですが、
個人的に演出は良かったなと思います。
監督のピーター・ウェーバーは私はほとんど知らない人ですが、
構図や陰影のこだわりは結構好みでした。
なかでも料理人の犯人を殺すシーンで、血のついた手であごを
つかまれた跡が武者のマスクのイメージとかぶる演出は、

近年稀に見る絶妙な秀逸っぷり。w


ひょっとして、原作にある記述なんですかねぇ?

原作者のトマス・ハリスが脚本も担当しただけあってテンポも良い。
あと、ハワード・ショアの音楽も地味に効いてる気がしました。

もう一度「羊たち〜」を振り返りたいなって思って終わりです。


☆×3(5点満点中)

実はあの時のスープは…ってくだりは「戦闘妖精雪風」へのオマージュ…
なわけないか。

【news】4枚揃って・・・

お久しぶりです。
ここのところ、ちょっとばかし出張だったので
更新が止まってしまいましたね。

ついでにこの週末は久々に近所のTSUTAYAが半額セールって
ことでDVDを観まくりで現実逃避気味でした。w

さて、DVDと言えば、これまた久方ぶりに
ビックカメラ的な所へ行って購入を図りました。

小説を買って本棚に並べるように、DVDを買って並べよう。


というのが実は私のライフスタイルの一つです。
皆様も良いコンテンツには、是非投資しましょう。


さて、ホントは違うのを探してたんですが、これは「おっ」って
思ってしまったので衝動買いしたのです。

まとりっくすのDVD1


今となっては懐かしさすら覚える

緑の文字。w


かつて私の大学受験の意欲を全て奪い去ってしまった「マトリックス」。

実はDVDを買おうかどうしようか迷っていた作品でした。
というのも、「1」は結構気に入っていたんですが、
どうにも「2、3」が期待ほどじゃなかったので。。。
それにDVDボックスだとホラ、ちょっとお値段も張るじゃないですか。

そんなあなたにベストソリューション!

なんと3部作プラス「アニマトリックス」がセットになって
2,600円!!

安っ!!(笑)


1本あたりなんと、650円ですからねぇ。

500円DVDに毛が生えたような
もんじゃないですか。w

ガンプラ級ですよ。ラーメンより安いですよ。

いやはや、しかも一見したところ普通のDVDケースなので
本当にこれ、入ってるのか不安だったんですが
開けてみると確かに!

まとりっくすのDVD2


そしてさらに不安だったので一気に全部観たのですが(笑)、
確かに

ネオとモーフィアス。(笑い過ぎ?)


でも振り返ってみると、あんまり宣伝されすぎてたせいか、
改めてシリーズを見直す機会がなかったので良いタイミングでした。
ようやく話全体のつじつまも思い出したところですが、
やっぱB級テイスト溢れる「1」が一番ですね。

【movies】ブラッド・ダイヤモンド

監督:エドワード・ズウィック
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジャイモン・フンスー、
    ジェニファー・コネリー、他

シエラレオネで漁師を営むソロモンはある日、武装勢力・RUFに
よって捕らえられ、ダイヤモンド発掘の強制労働を強いられて
家族とも生き別れてしまう。
一方、ダイヤモンド密売人のアーチャーは密輸の疑いで逮捕され、
投獄されるがそこでピンクダイヤを発見したと噂されるソロモンの
存在を知り…。

ブラッド・ダイヤモンドとは紛争ダイヤとも言われ、
アフリカの紛争地域では武器の売買など武装勢力の資金源となっている。
それらは不正に輸出され、他の一般のダイヤと混じって市場へ出る。
するとダイヤ市場においては多量に発掘されるダイヤを大企業が
買占め、値崩れが起こらないように管理されている。

先進国の一般人が給料の3か月分を支払うことでアフリカの紛争が
長引くという構図が作品を通して次第に暴かれていく。
そういった社会派的側面と中盤以降加速するアクション映画としての
側面が、本作ではかなりいい具合にミックスされているのが特徴。
監督は「ラスト・サムライ」で日本版「グローリー」を作った
エドワード・ズウィック。
「ホテル・ルワンダ」のように凄惨なアフリカの内情を描いて
いるかというとそこまでは及ばないかもしれないが、
ダイヤモンドを通して先進国とアフリカ諸国のブラックな関係の一端が
見えるという点では入り込みやすい。
怒涛のごとき戦闘シーンも見応え十分だな。

物語はソロモンが彼の家族を取り戻すことと、アーチャーが
ピンクダイヤを探すことと、もう一人の主人公であるジャーナリストの
マディーがブラッド・ダイヤモンドの流通経路を暴露するという
3つの思惑が重なり合う。
ソロモンを演じたジャイモン・フンスーと、アーチャー役の
レオナルド・ディカプリオの存在感はなかなかの見所だ。
ジェニファー・コネリーの出番は思ったより少なかったものの、
憎いところでばっちり登場したりする。

他の2人との出会いによって次第に感化されていくアーチャーの
姿はある意味スタンダードなものであるが、
ラストの方での台詞にはほろりとさせられてしまう。

期待通りの秀作と呼べるかな。


☆×4(5点満点中)

TIA。

【movies】ダイ・ハード4.0

監督:レン・ワイズマン
出演:ブルース・ウィリス、ジャスティン・ロング、他

いつの間にか「不死身の男」になってしまった
マクレーン刑事と行くアンラッキーツアー第四弾。

ハッカーのマットは、謎の依頼人から受けた仕事をこなしていた。
しかしそれはサイバーテロ集団の恐るべき計画の一端であった。
そんなことなど露ほども知らないマクレーン刑事は、
深夜、娘とまたしても口ゲンカしてしまった嫌な夜に、
大至急マットをFBI本部へ連行しろという指示を受けてしまう。
渋々従うマクレーンだが、そこで謎の武装集団に襲われ…。

「1」のときは気が弱くて逃げ腰で、

ただ不運なだけの刑事
だったのが、

血みどろの修羅場を潜ったせいか頼もしいお父さんへと
成長したマクレーン。
「2」の時に見た流血とひよりっぷりは今でも私の
ヒーロー像です(笑)
そう考えると今回は肝が据わってるというか、
決死のアクションに対する決断力というか、

ただ無茶なだけ。


って気もするんですが、まあいいでしょう。
ともかくも不死身は人類の夢です。

さて、多分当初の計画になかったであろう「4」ですが、
なかなかアクション映画としてはよく出来ています。
しかもサイバーテロものの描き方としては、結構色々
考えられていてIT素人にも分かりやすく、最後まで
満足のエンターテインメントで終わります。

監督は「アンダーワールド」を撮ったレン・ワイズマン。
テンポ良く、ダイ・ハードらしい決死のアナログアクションが
次々と観れ、かなりストレス発散できますね。W
いともたやすく車をヘリにぶつけたり、発電所をぶっとばしたり。

特に、F35を登場させたのは当たりですね。
垂直離着陸もこなせるF35ならではの、まさかの
トラックとのチェイスでは完璧に高速道路をボコボコに
してましたからね。

これが国家防衛の意気込みでしょうか。


日本映画界はまだ、銀座でのカーチェイスすら実現できない
というのに…。

ところでテロリストの女が荒川静香に見えてしょうがない。
メガネ変えるか(笑)


☆×3(5点満点中)

エンターテインメントとしてはかなり申し分ない域です。

【gourmet】ラーメンハンター VS たつみのつけ麺

今を遡ること1ヵ月半。。
訳ありまして東京都・調布市に行きました。
その日は久々に大量飲酒、大学の後輩の家で強引に寝るという
社会人4年目としては

若干荒れてる


と表現するのがベターであろう行いをしました。

そして翌日、以前から行ってみたかったラーメン屋:むつみ
ついに入店いたしました!

店構えはこんな感じ。

たつみの概観

かなりこぢんまりとしていますが、のれんがかかってて
黄色い扉のところが入り口です。
座席はカウンターのみで10席ほど。

この店は「つけ麺」を売りにしているようなので迷わず注文。

たつみのつけ麺

学生街だからか、わりとボリュームが多いですねぇ。
そういう店は好みです(笑)

スープは魚貝系。
二日酔いの舌にはほどよくやさしい。w
麺の食感もなかなか良く、太い麺がスープとよくからみます。
具財の味付けも個人的には食べやすくていいと思いました。

で、スープ割りもできるのでもちろん注文。

たつみのスープ割り

いやー、温かくて軽く全飲みできますなぁ。

学生時代にもっと来とくべきだったか?

皆さんもぜひお立ち寄りください。

お店の住所は⇒東京都調布市小島町1-14-2
営業時間は⇒11:30-15:00、17:00-22:00(日曜、祝日は休業)

«  | HOME |  »

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2008-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks