【movies】ラストキング・オブ・スコットランド

監督:ケヴィン・マクドナルド
出演:フォレスト・ウィテカー、ジェームズ・マカヴォイ、他

医師の父親を持つニコラスは医大を卒業して、自身もまた医師としての
道を歩み出そうとしていた。
しかしながら厳格な父親の影から逃れたいという思いからか、
ニコラスはアフリカのウガンダにある小さな村の診療所での勤務を始める。
最初のうちはボランティア精神にも溢れていたがある日
クーデターが起こり、状況は一変する。
そしてその後実権を握った軍の将軍であるイディ・アミンとの
偶然の出会いがきっかけで、ニコラスは混迷の政治の中枢へと足を
踏み入れることとなるが…。

本作は実在の人物と事件から着想を得たフィクションである。
しかしながら描かれる映像はリアリティに溢れており、全編緊迫した
雰囲気に満ちている。
そして見所はアカデミー賞を受賞したフォレスト・ウィテカーの演技。
実在の将軍を演じたわけだが、これが本当によくハマっている。
そのカリスマ性や独特な人柄、加えて強烈な残虐性まで
なかなか見ることのできない、とても豊かな人間が表現されている。

ストーリー的にも、権力に取り込まれて周囲が見えなくなっていく様や、
そこから一人逃げ出すことの恐ろしさなどが上手く描かれており、
グイグイと話に引き込まれてしまう。
特にクライマックスなんかはショッキングなシーンが続くのだが、
多分、話に没頭した観客としては複雑な思いでそれを
観ることになるだろう。
そしてエンドロールに入ったとき、自分がこの2時間に垣間見れたのは
ほんの一端でしかなかったのだという事実が、改めて突きつけられる。

エンターテインメントとしてのサスペンス・人間ドラマと、
強烈な後味を残す道徳劇としてのリアリティが共存している。
軽い気持ちじゃ観れないが、観て損はない秀作だ。


☆×4(5点満点中)

スカリー捜査官…。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

トラックバック

http://isproduction.dtiblog.com/tb.php/75-13fc3d42

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks