【movies】インセプション

監督:クリストファー・ノーラン
出演:レオナルド・ディカプリオ、エレン・ペイジ、渡辺謙、他

約一年越しの期待を裏切らない、紛れもない快作。

コブが目覚めると、そこは見知らぬ海岸だった。
顔を上げると幼い子供が砂遊びをしている。
だが間もなくしてコブは再び意識を失ってしまう。
そして一人の日本人の兵士が彼を見つけ…。


観終わってこれほど疲れた映画は、振り替えれば
「メメント」以来かもしれない。

クリストファー・ノーラン監督といえば最近は
バットマンシリーズが記憶に新しい。
すっかり大作じみてしまった印象もなくはないのだが、
この作品を観るとやっぱりインディペンデント的な精神は
枯れていないのだなぁと思う。

近年、極めて斬新な作品と言えば「第九地区」が挙げられるが、
あれはなかなか資金集めに工夫を凝らしていて、一見すると
ハリウッド映画だが、実際はわりとホームメイド的な
製作体制であった。

しかしこの作品は違う。
ド、がつくほどのハリウッド映画なのだが、とんでもないほど
独創性に富んでいる。
ここまでやれるとなると、なんだか羨ましい。
まあ実際、エンターテインメント性はとてつもなく高い作品なので
スタジオ側は“売れる”と踏んだのもわかる気がしますが。

さて、基本的なストーリー構造としては、いわゆる
“夢泥棒”…というよりは産業スパイの話。
ある人の夢を複数人で共有できるというシステムによって
人の頭の中に潜入し、事業アイデアや企業秘密といったものを
盗むという仕組みである。

詳しい技術までは教えてくれないが、主人公のコブは
その道のプロで前科者。
愛する家族の待つ故郷には帰りたくても帰れない、
しかも奥さんとの“いざこざ”がことあるごとに
ついて回る、まあなかなか一筋縄でいかない男なわけである。

そんな彼に仕事を依頼するのがケン・ワタナベで、
その困難な仕事・“インセプション”に挑むために
特別チームを結成するわけだが、
これがまたクセ者ぞろいの役者ぞろい。
一人一人はあんまり知らない人だが、役のハマリっぷりは
申し分ない。

この作品の面白さはアイデア5割と、残りは彼らキャラクターの
配置・構成によるものじゃないかと思う。実際。

全体として、個人的にちょっと期待していた
夢に関する哲学的な講和みたいなものはほとんどなかったが、
ただ純粋に夢の中にダイビングしていく展開はスリリングで
かつスピード感もあり、まったく飽きさせない。
街を折りたたむような壮大なビジュアルももちろん驚愕モノだ。

“夢の中で眠ってさらに深い夢を見る”という仕組みでもって
3つの異なる舞台が展開するクライマックスでは、
頭がごちゃごちゃになってしまう方もいるかもしれない。
状況を整理しながら観ていくのは結構疲れるが、その辺は
2回目の楽しみとして取っておくのも楽しみ方のひとつかも。

話の整合性を一つ一つ追いかけていくのもパズルみたいで良い。
オリジナル映画でここまでやってのけたノーラン監督は、
いよいよハリウッド巨匠の仲間入りをしていくのだろうか。

こういう作品があると、ハリウッドのエンターテインメントも
まだまだバカにできないかもな、と思わされる。


☆×5(5点満点中)

せっかく採点基準変えたのに、やすやすとブチ抜かれた気がする。

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2010-10 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks