【books】アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風

前作から、まさかの10年目にして最新刊登場です。
といっても発売されたのは去年の夏ですが。

雪風

地球に暮らすジャーナリスト、リン・ジャクスンの元に
ある日一通の手紙が届く。
それは遠く離れた惑星・フェアリィでジャムと呼ばれる異星体と
戦う組織・FAFのアンセル・ロンバート大佐からのものだった。
曰く、彼はジャムと結託してFAFを支配し、地球に宣戦布告すると
言うのだが…。


まず本作は、「戦闘妖精・雪風<改>」、「グッドラック 戦闘妖精雪風」
から続く続編であるため、前二作を読んでいないとまったく話は通じない
ことになる。

シリーズ全体としてはある日、地球に侵攻してきた謎の異星体・ジャムと
人類の戦いが描かれている。
その中でも特に、戦闘情報を第三者的観点から収集し、味方を
犠牲にしてもそれを持ち帰る、という任務に従事する“特殊戦”と
呼ばれる組織に所属するパイロットと、彼の乗る愛機・雪風が物語の
中心である。

よくある異星人侵略モノか、という見方をされる方もいるかも
しれないが、
本作はかなりハードコアに寄った物語である。
すなわち、敵として登場するジャムは人類からすると
“まったく未知すぎる”存在であり、会話するどころか実体すら
つかめない存在であるところがポイントである。
そんなわけでジャムとの戦いを記録する主人公たちの活躍が重要な
戦略の要となっている。

さて、前作ではジャムとは何か?というシリーズを通しての謎に
一歩切り込んだところで、いよいよ大規模な総力戦となる
あたりが描かれた。
個人的にはいろいろな面において面白い、といえる濃い内容だった
ように思う。
これで終わっても何の問題もなかったようにさえ。。。

そんなわけでの第三作目。
前作の後、今になって続編が出るとは予想していなかったので
どんな話かと思ったのだが、これがまた面食らう内容である。

一応、全編通してジャムとの戦いのシーンである。
しかしながら本作では、ほとんど見せ場となるような
空中戦のシーンはない。
じゃあ何が戦いかというと、精神的な…というか自己の存在との、
というか、要するにジャムが考えていることは何なのか、といった
感じの戦いである。
単純に言うと、すごく難しい(笑)戦いとなるだろうか。

思うに作者の神林氏の感性というか、独特なものの見方は
すごいものがある。
よくSF映画などで“超人工知能”のようなものが登場する場合、
ある種擬人化されたような存在で、得体の知れないもの、という
描かれ方が多いように感じられるが神林氏の場合はそうではない。

特に本作においては、“高度に電子化された機械兵器たちがどのように
世界を認知しているか”という観点が描かれており、
読者としては展開される神林的哲学の世界にただただ
ついていくばかりである。

私たちが見て感じている世界というものはすなわち、人間の感覚器官に
捉えられるものと言い換えられるのだが、見方を変えればコンピュータや
異星体たちのように人間とまったく異なる感覚を持った存在たちは、
人間には見えない世界が見えていたり、同じものでもまったく違う
捉え方をするはずである。

で、今回の戦いというのはそのような“超”人間的感覚によって
世界を捉え、なおかつその中で勝つための戦略を練り、そして戦うという
もので、二回読んでも腹に落とすのはなかなか困難である。w

しかし、そこを乗り越えると人間として、というか地球人として
自分が一歩成長できたような感覚を得られる(?)あたり、
侮れない作品ではある。

ここまでやったら、そろそろクライマックスが描かれるのだろうか。
次回はもう少しエンターテインメントに走ってほしい、
というのはあくまで個人的な希望であるが。w

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2010-03 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks