【act】初めての劇団四季

観に行こうと思っていてなかなか行かないものの代表といえば、
劇団四季?!という気もするくらい、昔からスルーして
しまってました。

しかしながらこのたび、ようやくその舞台を拝むことができましたよ。

行ってきたのは京都劇場で上演中の「美女と野獣」です。
「美女と野獣」といえばディズニーのアニメ映画で、かつて
アカデミー賞作品賞候補になった作品というわけで、
個人的な興味もあったところです。
(大方の予想通り、アニメ映画のほうも未見ですが(笑))

はてさて、加えてプロのミュージカルっていうのもかつて
観たことがなかったので、その雰囲気も知らなかったのですが
なかなかビックリでしたね。w

まず驚くのは舞台装置でしょうか。
学生演劇の感覚からいくと、暗転してからいかに素早く
場転するかっていうのは重要な問題でもありますが、
さすが劇団四季ともなると動くわ回るわでスゴイです。
ついでに舞台がでっかいだけあって大きくて豪華で迫力あります。
Power of Money…いや、愛の力でしょうか(笑)

加えて火薬を使ったり、なかなかトリック的な演出も
ちょくちょく観れて驚かされました。
どうやってるんだろ?と裏側を想像しながら観る楽しみも
結構ありましたね。
夢がないとか言われそうですが…気になるんだからしょうがない!
私も一度やってみたい。w

しかしながら一方で、違和感を感じたことといえば
“マイク”を使っていることでしょうか。
なんかこう、俳優の口じゃないところから声が聞こえてくる
違和感っていうのがずっとありましたねぇ。
個人的には演劇っていうのは発声練習があって地声で
喋るものっていう感覚があったのですが、
まあ考えてみればずいぶん広い会場ですから、一番奥の座席の
観客にもきちんと伝えるという配慮なのでしょうね。


さて、ここまでストーリーに関する記述一切無し(笑)

ですがもちろん、ストーリーもいい感じのハッピーエンドで
観終わったらおなかいっぱいって感じです。
野獣のコミカルな演技とかも意外と笑えて良いです。

休憩挟んで約3時間なのでなかなか長丁場ではありますが、
一度こういうのを観ておくのも悪くないですね。
「マンマミーア」観とけばよかった…。

みなさんも機会があれば是非どうぞ。



 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2010-02 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks