【movies】アメリカン・ギャングスター

監督:リドリー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、他

私の一番好きなリドリー監督に、デンゼル、ラッセルときたら
期待は高まるばかりです。

1968年、ニューヨーク。
ハーレムで有名な黒人ギャングのボス・バンピーの運転手として
仕えてきたフランクは、彼の死後その後を継ぐ。
やがて東南アジアから独自にヘロインを入手するルートを開拓し、
大物マフィアをも出し抜くことに成功するが…。


てなわけで、実在の人物をモデルにした
ギャング映画。(タイトル通り?)
アメリカのギャングとくれば某・コルレオーネなど、
いわゆる移民系の話が多いが、本作で描かれるのはアフリカ系
アメリカ人のギャングスター。

地道な努力と家族の力でもってマフィアの大物にのし上がって
いく様はさながらアメリカンドリームを表しているともいえる。
演じるデンゼル・ワシントンはさすがの演技派。

一方のラッセル・クロウは汚職が蔓延する警察において
唯一清廉潔白な男。
だが仕事がまじめで努力家な一方で、家庭内の問題も抱えている
という、若干影のある人物でもある。
派手さはないものの渋みのある、こちらもさすがの布陣である。

さて、映画の特徴としてはラッセルがデンゼルを追うわけなのだが、
警察内部が腐敗していたり、捜査開始当初はフランク(デンゼル)に
関する情報がまったくなく、手がかりさえないところからの
スタートである。
同じ時間軸にありながら二人の物語は交わることなく
並列に進んでいく。
二人が同じ画面に収まるのはようやくクライマックスになってから、
という独特の構成。

二大俳優の演技合戦もあってなかなかに引き込まれる部分も
あるのだが、残念なことに意外と地味な作品と、個人的には
感じてしまった。
冒頭、いきなりショッキングなタイトルコールはかなりその後も
期待させられるのだが、アクション映画的な盛り上がりが
あるわけでもなく、主人公の二人意外はわりとさらっとした
描かれ方だし、往年のギャングものと比べるといまいち
キャラのクセも少なく、期待したほどでは…という印象である。

まあ、ある意味新世代のギャングを描いた面もあるのかもしれない。
期待しすぎたのも、言うまでもない。


☆×2(5点満点中)

ヘロイン農場を訪れるシーンで、不覚にも
「チャーリーとチョコレート工場」を思い出してしまいましたw

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2010-02 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks