【movies】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、他

正直出るとは思ってなかった4作目。w

1957年のアメリカ。
ロシア軍の将校であるイリーナ・スパルコ率いる偽装アメリカ軍に
拘束されたインディアナ・ジョーンズと相棒の
ジョージ・マクヘイルは、ネバダ州にある秘密施設の
倉庫内へと連行される。
そこで彼らが探していたのは“強烈な磁気”を発する
という長方形の箱であった…。


スピルバーグ監督にジョージ・ルーカスの製作総指揮という
夢のコンビ復活に、主演は変わらずハリソン・フォード。
加えてスピルバーグ秘蔵っ子で「トランスフォーマー」の
シャイア・ラブーフという豪華スタッフ&キャストが
実現しましたねぇ。

名曲ともいえるテーマソングも健在で、悪役にはなんと
キレイどころのケイト・ブランシェットが出ていたり、
こんな贅沢でいいのかしらと思うような布陣ではある。

しかしながら時はすでに21世紀、古き良きこの作品の雰囲気が
どこまで通用するのか、については少々疑問符がつくとは思う。
かつてのシリーズ3作が登場したころ、まだまだ世界は狭かった感は
あるのではないだろうか?
ジャングルの奥深くやアジアの奥地にはまだ見たことのない
未開の地・文明が眠っているかもしれないという、
ドキドキした感覚があったものだが、近年はもはや
インターネットの世界。
人類未踏の奥地なんてそうそう存在しないものだと、なんとなく
感じてしまっている自分がいる。

そんな観客を見越してか?本作のお宝はかつてのシリーズから
すれば少々突飛な“クリスタルスカル”である。
ラストはちょっと、「えぇー?!」という感じも否めないので
あるが、まあこれはこれでいいのか?

ともあれ、全体としてはアクションに次ぐアクションの連続。
ピンチも軽いジョークで受け流し、悪人どもをバッタバッタと
やっつける痛快娯楽作としては十分及第点だろう。
ハリソンも、とても66歳とは思えない元気っぷりで良い。

さらりと一作楽しむ分にはいいかもしれない。

ちなみに、なんだかんだでヒットしたので次回作も製作予定だとか?


☆×3(5点満点中)

一方では、最低映画を決める「ラジー賞」も受賞しちゃったようですが。

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2010-01 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks