【musics】最近、そういえば買ってない・・・

最近ほしいと思って買ってないCD、ありませんか?

私の場合はスガシカオの「はじまりの日」と
ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「新世紀のラブソング」ですね。

スガさんのはラップとコラボという新感覚。
「パレード」みたいなさわやかな感じがイイです。

アジカンのほうはカップリングの「白に染めろ」のほうが
これまでのアジカンっぽいかもしれないです。
でも聴いてると新しい雰囲気の「新世紀〜」もたまりませんねぇ。


はじまりの日 feat.Mummy-D



新世紀のラブソング


白に染めろ


【movies】2012

監督:ローランド・エメリッヒ
出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、他

いまさら言うまでもない、いわゆる地球滅亡型パニックムービー。

2012

地質学者のエイドリアンはインドに住む友人の研究者から
連絡を受け、彼の地下3500メートルの研究所へと赴く。
そこで驚愕の事実を知ったエイドリアンは
すぐさまワシントンへと向かい、大統領主席補佐官に事態を
報告するのだが…。

「デイ・アフター・トゥモロー」を撮ったあと、
多分エメリッヒ監督は「俺はまだ地割れを撮ってない」と
思ったのでしょうか。
個人的には「日本沈没」にすごく影響されているのでは
ないか、と感じるような雰囲気でした。

事の発端についてはとりあえず置いておいて、いざパニックが
始まると本当にノンストップなところはすごいです。
「デイ・アフター〜」の時は焚き火を焚けば生き残れる余地が
ありましたが、本作では無理!
自分があの場にいたら絶対に死ぬと3回くらい思いました。

というわけで、予告編でもかなりインパクトありましたが
劇場で観るとこの迫力は大したものです。
特に地面の隆起と津波のショットは感動すら覚える
映像かもしれません。

加えてクライマックスに登場する方舟のデザインは、
SF映画好きなら一度は拝んでおきたいデザインでしょうか?
“バスターマシン3号機”を初めて見た時のような
「人類はこんなデカイものを造れるようになったのか」という
驚きは隠せませんね。w

さて、そんなわけでストーリー的にはほとんど語ることは
ないです(笑)
マヤの予言(?)で始まって最後は旧約聖書で終わるという
古きよきハリウッド映画。

また、災害があまりに大きすぎてどうしようもないため、
主人公以下、自分たちが生きることに必死すぎるところは
観ていて残念だと感じます。
飛行機で悠々と脱出する主人公と、取り残されて地割れに飲まれる
一般人たちの構図があまりに残酷すぎ。

事態が事態なだけに人が死ぬのは避けられないところですが、
あまりに都合のいい意図の下で“選択されている”のが
見え見えなところは、なんとかもう少し工夫してもらいたかった
ところでしょうか。

とまあそんなことを言うより、本作は楽しんだが勝ち、
な映画です。
2時間半は結構あっという間ですよ。


☆×2(5点満点中)

「インデペンデンス・デイ」の続編企画はまだ生きているようですよ。

【movieTIPS-12】映像製作者のための著作権対応(音楽)・STEP6

ここまでくるとふと、JASRACって何?という疑問が浮かんできますが
要は彼らは「利用許諾までとってくれば後の処理を全部
やってくれる団体」という具合でしょうか。
HPによれば

JASRACは、膨大な数の管理楽曲をデータベース化し、演奏、
放送、録音、ネット配信などさまざまな形で利用される音楽について、
利用者の方が簡単な手続きと適正な料金で著作権の手続きができる
窓口となっています。そして、お支払いいただいた使用料は、
作詞者・作曲者・音楽出版者など権利を委託された方に定期的に
分配しています。

http://www.jasrac.or.jp/profile/intro/index.html


だそうです。(ざっぱく過ぎ?)


さて、映画の製作に限らず、何か自分で創作したものには強い思いが
宿るものです。
まるで自分の子供のように…という表現はありきたりですが、
ちょっとやそっとの障害でも「何くそ!」と思って頑張れるものです。

しかしながら完全にオリジナルな作品というのは意外にも
難しいものです。

幾多の障害に阻まれながら最後のチャンス、と思って楽曲をすべて
日本のアーティストのものに差し替え、最後の申請を行いました。
TSUTAYAでごそっとCDを借りてきて夜中まで聴きこむとは、
我ながら青春…と言いたいですがもはや必死です(苦笑)
まあ日本の楽曲ということでJASRACの利用料も幾分か割引が効いたりと
嬉しいこともままありますが。。

サクサクっと申請書を書いて企画も説明して、あとは許可を待つのみ!
ここまではだいぶ手馴れてきました。

が、やはりなかなか上手くいかないのが世の常でしょうか?
(なんかもう呪われてる気がしてきました…)

曰く、「この楽曲は他のどんなオファーに対しても許諾してないんです」
ですって。

……。

どぅらーーーっ!!!


となるでしょう?
ただそこは私も社会人になっていろいろと交渉術を覚えましたから、
簡単に引き下がるわけにはいきません。
そんなわけで必殺、「そこをなんとかお願いできませんか?」で
勝負です。
リアルな話、いいと思ったからこそ選んだ曲であって
こちらにもこの曲を使いたい思いはあるんだぞ!というわけで、
情に訴える作戦です。

が、残念ながら撃沈です(泣)

お願いしてから1日待ったのでイケルか?と思ったのですが
なかなかそこのポリシーは崩せなかったようです。
まあそりゃそうか。

楽曲を創る人にもいろいろと思いがあるわけですから、
同じ志を持つ者としては理解を示すところですね。。
(てか、だったらどこかに書いておいてほしい気もするんですが…)


ってなわけで無念のタイムアップ!

個人的には会社の仕事も抱えながら熱心に頑張ったつもりだった
のですが社会の壁は高かった、というかあまりに不運な流れなので
きっとこれは「今じゃない」という神様のお告げかも、などと
思ったりしてますが(笑)

皆さんも著作権処理されるときは気をつけてください。

さて、もう一度差し替えの楽曲探してみますかねー。


以上です。

【movieTIPS-11】映像製作者のための著作権対応(音楽)・STEP5

個人的な話、今回私の作った作品はSFです。
まあ厳密な話でいけばちょっと先の話なのでSFと言うには少々
現代劇ですけど。

そんなわけもあり、なんかこう、日本のアーティストじゃないだろ
っていう感覚があったわけで音楽には海外アーティストの楽曲を
使用してみました。
しかしながら、ここは大きなハードルであったことが判明。

海外アーティスト、ということは当然、その楽曲に関する著作権を
保持している人は海外にいるわけですね。
(大元は海外のレコード会社などになるのでしょうか。)
そんなアーティストのCDを日本で発売する場合、日本のレコード会社は
いわゆる販売する権利、のようなものを保持している感じになるかと
思います。
※この辺は私の感覚も含めて書いているので正確かどうかは
 ご注意ください。

で、利用許諾を得ようと思ったら大元まで確認を取らなければならない、
というわけで申請から許諾まで軽く1ヶ月くらいはかかって
しまうようです(苦笑)
コンテストの締切り直前では到底間に合わないですね。注意です。

加えてさらに大きな問題は、海外アーティストの楽曲の使用料は
権利の保有者(主に出版社)の「指値」になってしまうことで、
日本の曲を使う場合と比べて何倍もの高額な金額を支払わなければ
ならない、とのことです。
これはJASRACが海外楽曲の使用に関する権利を有していないのが
理由のようです。
http://www.jasrac.or.jp/info/create/soft.html



しかし!
映画に対する愛と情熱があれば多少の値段くらい!

…と、私も最初思ってたのですが、他にもいろいろと障害があったのです。
いち音楽ユーザにとってはわかりにくい話ですが、
CDの販売元レコード会社に問い合わせると「その楽曲に関する
権利はすでに弊社にはありません」という回答が出てくる場合があります。
また曲によっては複数の会社が権利主張しているため、権利関係が
確定していない場合もあるようでして、そんな中で曲を利用するのは
いささか微妙です。

よく、大作ハリウッド映画の企画が「大人の事情」で頓挫することが
ありますが、まさしくそんな気分ですね…。


こういうわけで、じゃあやっぱり日本の曲にしよう、となるわけです。

次回へ続く。

【movieTIPS-10】映像製作者のための著作権対応(音楽)・STEP4

映画に使われる音楽の元となった素材、つまり市販CDなどの
「音源」には「著作隣接権」というものがあり、これを公の場で
使用するためには利用許諾というものが必要です。

たいてい、申請にあたっては「作品企画書」等をもって利用曲と、
その利用時間を明確にしなければなりません。

というわけで材料がそろったら早速申請です。
書式に記入してメールで送る場合もあれば、レコード会社によっては
FAXで受付するなど、いろいろと違いがあるようです。

ただ基本的には、申請したら待つほか無いというわけです。


では、待ってる間に余談ですが、映画に使われる音楽には
「楽曲」と「効果音」という2種類があります。

具体的な違いは歌を歌ったり演奏したりする人がいるか、いないか
でしょうか?
で、映像製作者にとっては朗報ですが「効果音」の場合はJASRACに
利用料を支払う必要がないようです。
つまるところ利用許諾を得る=即使用OKということになるので
余分な費用を払う必要もないわけです。

ですが使用する音源が「効果音」に分類されるのか、「楽曲」に
分類されるのかは販売元のレコード会社に聞いてみるしかありません。
前者ならちょっとラッキーです。w

しかも「効果音」の場合、コンテスト応募の場合に限り無償で
利用できる(利用許諾を発行してくれる)場合もあります。
逆に、利用許諾を得るために料金のかかる場合もあります。
この辺はレコード会社にもよるようです…。
今回の私の場合、一社は無償でもう一社は有償でした。

なかなか面倒ですがこういうことはいちいち確認しておかないと
後で苦労しそうなので怖いですねぇ。


さて、そんなわけで利用許諾がおりるかと思ったら…どうやらまだまだ
波乱がありそうです。

ちなみに今回申請しようとした「楽曲」は作品の雰囲気を考えて
海外アーティストを選定していました。
どうやらこの、「海外」というのがひとクセあるところの
ようです。。。

次回へ続く。

 | HOME |  »

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2009-12 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks