【movies】サマータイムマシン・ブルース

監督:本広克行
出演:瑛太、上野樹里、与座嘉秋、他

ヨーロッパ企画の舞台を映画化したSFコメディ。

ある夏、SF研究会の面々は野球をやったり銭湯に入ったり、
相変わらずグダグダの日々をすごしていた。
そんな折、部室のクーラーのリモコンが故障してしまう。
直すに直せず、途方に暮れる部員たちだったが…。

“昨日”と“今日”だけで展開するタイムトラベルムービー。
劇中には結構「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が
フィーチャーされている。

この作品のキャッチコピーは「タイムマシン、ムダ使い」だそうだが、
オンボロクーラーのリモコンを直すためと、ヴィダルサスーンを
盗んだ真犯人を見つけるためだけにタイムマシンを濫用するという
あっぱれなムダ使いぷりが拝める。

H・G・ウェルズの「タイムマシン」と比べて圧倒的にスケールが
小さいが、ひょっとすると話の筋は良くできている。
世界を救うとか大きな話ではなく、あくまで“個人的な”目的とした
ところにこの作品の妙があると言えそうだ。
どうでもいいところに張り巡らされた伏線の数々には
頭が下がる。w

出演する俳優たちもそれぞれに個性的で、笑いも随所に
ちりばめられておりテンポ良く楽しめる。
レトロなゲームっぽい効果音も好印象。

タイムマシンのデザインは、リメイク版の「タイムマシン」のを
ちゃっちくしたような感じだが、これはこれでいい出来栄えだと思う。

元は劇団・ヨーロッパ企画の人気作で、本広監督がかなり惚れ込んで
映画化したらしい。
本広監督の「交渉人・真下正義」にも劇団員が複数出ているあたり、
すでにかなり“癒着”が進行しているとみて間違いないだろう。w

ただ映画となるとどうしても舞台のようなライブ感は薄れてしまうので、
やはり生で観たいところだろうか。


☆×3(5点満点中)

沼に落ちて生還したところが個人的には一番すごいことだと思う。w

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2009-10 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks