【movies】ダークナイト

監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、他

アメリカでメガヒットし、方々で絶賛された
新生バットマンシリーズ第2作。

ある日、ゴッサムシティーで銀行強盗が発生。
犯人は皆ピエロのマスクをかぶり、最後には一人が他の仲間を
全員殺して逃亡してしまう。
一方、バットマンはすでに正義ヒーローとして街に
定着しつつあったが、同じようなコスチュームを身に着けた
自警団なども登場しており、警察も頭を痛める一面があった。
そんな折、正義感あふれる新たな地方検事が着任し…。


さて、日本での劇場公開はアメリカと比べると散々なものでしたが、
評価が高いのはご存知の通り。

しかしながらこの作品、最後にお涙頂戴するような飛び切りの
感動作というわけではない。
また、某海賊映画やクモ男の映画のようにさらりと楽しめる
エンターテインメントかというと、それも少々毛色が違う。


ダークナイトとは“暗い夜”ではなくて“闇の騎士”である。
(ある意味、暗い夜の夜明けを垣間見る面もあると思うが)
いかなる困難にも正々堂々と立ち向かい、その正義を貫き、決して
悪に屈することがない一方で汚名や濡れ衣をかぶせられることさえ
いとわない。
スタートからラストまで、圧倒的なストイックさで突っ走る
作品である。

逆に言えば今の時代、“正義であること”と
“正義であり続けること”はこんなにも難しいことだということだ。
昔ならマスクをかぶるだけでヒーローになれたかもしれないが、
そんな甘っちょろい時代ではない。
マスコミの報道一つでバットマンさえ、簡単に市民の憎悪の
対象になりうる一面があるし、中身はやはり悩み多き人間である。
いざとなれば自分が泥をかぶるという覚悟もなくては、
現代にヒーローが存在できる余地はないのだということが
今回バットマンをよりリアルに印象付けている。

惜しくもこの世を去りながら、アカデミー賞助演男優賞を受賞した
ヒース・レジャーは映画史上に残る極悪、というかピュア悪。w
「ナチュラル・ボーン・キラーズ」を地でいくような
非道ぶりはしかし、当人の演技もあって不思議なリアリティが
伴っている。
(現代のどこかにいるんじゃないか、という気もする…)

また、前作のケイティ・ホームズからバトンタッチして
レイチェル役を務めるマギー・ギレンホールがまさか
あのようなことになろうとは、
全く予想だにしないストーリー展開には恐れ入る。
全体的なテンポも良く、飽きさせない構成だ。

というわけで演技観てよし、ストーリー観てよし、というところだが
あまりにそこらへんが上手く出来すぎているので娯楽映画的な感覚や
素直に感動する映画といったカテゴリーから少し外れてしまうのは、
個人的には多少残念なところかとも思う。
(そこらへんが、日本でウケなかった理由だろうか)

直感的には、すばらしく奥深く、質の高い物語だが多少重く、
画的に地味。かな。。
ふと振り返ってみると、このような映画が長々とヒットできる
アメリカという国は、ちょっとすごいなあと感じたりする。


☆×4(5点満点中)

最大の見所は“幕切れ”です。

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2009-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks