【movies】ハプニング

監督:M・ナイト・シャマラン
出演:マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル、他

シャマランです。こんばんは。
新型インフルエンザが引き続き流行しており、明日には
ひこにゃんもマスク着用か、といったことが気になりますが
同じく(?)原因不明の事態が広がるパニックサスペンス。

ある日、ニューヨークのセントラルパークで突然、
人々が自殺を図り始める。
近くの建設現場では次々と作業員たちが飛び降り、異常現象は
あっという間に街に広がりつつあった。
一方、高校教師のエリオットは授業の中、最近アメリカ全土で
ミツバチがいなくなっている理由を生徒たちに問うのだが…。

シャマランというと、もはや大風呂敷とどんでん返しの
イメージが定着してしまっていますが、それだけで彼の映画を
理解してしまってはもったいないです。
今回も多分の例に漏れず。

本作では冒頭からショッキングなシーンが続出なので、
過去のやんわりとしたホラーテイストからはかなり逸脱した
作品となっています。
そしてその分、作品に漂う恐怖感はかなり強烈。
まったく正体のわからない敵に追われている感覚は、
ある意味テロリズムや突然の自然災害によってあっけなく
日常が崩壊してしまうことを示唆しているように思えます。

序盤、都市部から離れようとする主人公たちの行動は
「クローバーフィールド」にも似て、非常にリアルです。
強引に理由付けせず、“わけがわからない”ものとして
描ききったところがこの作品の最大のポイントでしょう。

そして今回の中心になるのは一組の夫婦。
結婚しているが子供はいない、微妙な緊張感のある関係の二人が、
この事件を通して静かに変わっていく様が描かれます。
スプラッター描写ばかりに気を取られていると「えっ?」と
いう感じで終わってしまうのですが、二人を主軸にすれば
この終わり方も納得がいきます。

世界が破滅に向かうとき、人はその孤独に耐えられるのか?と
いうところが、さしずめテーマかもしれません。
シャマラン的な答えを用意した終わり方だったのでは
ないかなと思います。


☆×3(5点満点中)

そういえば最近、ミツバチが不足しているというニュースを
よく見ますが…まさかね。

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2009-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks