【movieTIPS-5】映画ができるまで

独断と偏見に基づく映画論・しまんちゅメソッドです。

本来なら別の話題の予定でしたが、最近ホットな話題もあったので
ネタを変えてみました。

ホットな話題というのは、最近X-MENシリーズの最新作が
公開前にネット上に流出したという事件です。
ニュースによるとそれは未編集で、エフェクトも入っていない
ポストプロダクション前の映像である、という情報がありました。

・・・それっていったいどんな映像なのさ?って感じですが
映画全体の工程を知ればどれくらいのものか、ということが
おぼろげながら分かってくるかもしれません。

というわけで今日は、映画はどのように作られていくのかってことを
整理しておきましょう。


映画は下図に示すような流れで作られていきます。
とりあえずかなりバクッと分けてみましたが…。

映画制作のプロセス

「企画」では映画のテーマ・構想やストーリーが練られ、
スタッフ・キャストの決定や製作資金が調達されます。

「撮影」では企画に基づいて実際に映像が撮影されます。
スタジオやロケで、カメラを回して映像素材を撮るわけですね。

「編集」では撮影された映像素材が繋ぎ合わされたり、
CGなどの合成が行われたり、音楽がつけられたりします。

その後は試写や修正などが行われ、一本の作品が完成するわけです。
現実にはこのほかに宣伝が行われたり、上映館の選定など
様々な工程があります。


ここで「企画」のような「撮影」前に行われるパートを
「プリプロダクション」、「編集」のような「撮影」後に
行われるパートを「ポストプロダクション」と言います。

さしずめ実際に撮影するパートはプロダクション、と呼ばれる
感じでしょうか。
ちなみによく映画の冒頭で「○○PRODUCTION」とか出てくることが
ありますが、あれは○○プロダクションという会社が
撮影などを行ったよ、ということを示しています。
(補足すると、20世紀フォックスとかワーナーとかっていうのは
 簡単な解釈としては映画を作るのにお金を払った会社です)


さて、今回流出したX-MENはポストプロダクション前、とのことですから、
とりあえず撮影した映像を繋げてみた状態、って感じでしょうか。
合成やCG処理なども行われる前の状態であれば、
一応ストーリーは追えるけどSF映画としての醍醐味は味わえない
そっけないものでしょうね。

こういった流れも分かっておくとまた一層映画に対する理解が
深まる(?)のではないかと思います。

では、今日はこの辺で。。

NO MORE 映画泥棒。

これを知れば映画がもっと面白くなる…かは定かではない!!

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2009-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks