【movies】ウォッチメン

監督:ザック・スナイダー
出演:ジャッキー・アール・ヘイリー、パトリック・ウィルソン、他

幾度か紹介したこの春話題(?)の作品。

ベトナム戦争やケネディ大統領の暗殺事件など、歴史を揺るがした
重大事件に密かに関わってきた“ウォッチメン”と呼ばれる者たちがいた。
ある日、ニューヨークのアパートの一室でそのメンバーの一人、
通称・コメディアンと呼ばれた男が謎の死を遂げる。
事件の背後に陰謀を感じた顔のない謎の男、通称・ロールシャッハは
単身事件現場に忍び込み、調査を始めるのだが…。

というわけで、すでにこの作品の評判を聞いた方も多いかと思いますが、
予想外に残念な仕上がりという印象です・・・。
よくあるエンターテインメント系アメコミを期待して行くと
必ず失敗しますのでご注意を。

原作は伝説的なグラフィックノベルで、監督はあの「300」でキレのある
映像センスを見せ付けたザック・スナイダーとくればヒットは確実か?!
という期待もあったのですが、やはり予告編はアテにできません。
完璧なビジュアルを見せていただけに落胆もひとしお?

画的なセンスやこだわりは申し分のないレベルなのですが、
いかんせんストーリー構成が残念だと感じました。
物語の骨子はヒーロー暗殺事件の謎解き、すなわち犯人探しなわけで
ありますが、複数登場する、それぞれにアクの効いたヒーローたちの
生い立ち紹介が全体の6〜7割近くを占めており、
肝心の物語が遅々として進まない。。

ようやく来たか!と思ったらもう終わり、って感じなので
なんだかな〜というか・・・。
全編163分という長尺でありますが、残念ながら
4時間近くに感じます(苦笑)

いわゆる緩急つけた構成ではなく、ダラダラと同じテンションが
続くのが観ている方としてはつらいですねぇ。
久しぶりに途中で帰る人を見ました。

また、ストーリーの背景についてもかなり複雑というか、
作りこんである作品なので、事前に公式サイトなどで勉強して
いかないと初見ではついていけない面もあるかと思います。
DVDなどで観る分には多少気楽に観れそうですけど。

そんな具合ですから、作品のテーマ的なところも今ひとつ
ピンとこないまま終わってしまいます。
ラストはかなり駆け足。
確かに深遠なテーマであるし、ヒーローが不要とされる時代背景の中で
ヒーローが活躍する意義や個々人のダークな生い立ちの物語など、
良いエッセンスはあるのだけれど・・・。

考えれば考えるほど、やはりストーリー構成が残念でなりません。
映画にする以上はもう少し、思い切って削る部分がないと
ダメなのでしょうね。
完全版としてこの出来ならアリかも?というのは不謹慎な想像ですが。

個人的には、もう一度DVDで観てみようと思います。


☆×2(5点満点中)

ロールシャッハの顔が気になってしょうがないです。w

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2009-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks