【technology】まさかそんなavi

先日、プレゼンをする機会がありました。
その中で実際の画面操作イメージを
デモンストレーションムービーで見て頂こうと考え、
「avi」形式のファイルを同僚の方からもらったのですが…素直に
Windows Media Playerで再生ができないので、これはイカンと
いうわけです…。まあよくある話?

基本的にはどういうソフトで作ったファイルなのかってことを聞くのが
常套手段ですが、そんなときに限って連絡が取れないのも現場では
よくある話ですね。。

相変わらずMedia Playerのヘルプも意味がよくわからないですし、
そんなときに頼りになるのがコーデック解析ツールです。
今回は「MMname2」っていうのを使いましたヨ。
こんな感じでコーデック情報が見れるので便利ですね。

mmname2

表組みになってるので見やすい。

…で、映像コーデックは不明となってるんですが、
なにやら見覚えのある単語も並んでますねぇ。
なぜに「VMware」??

ってなわけで調べてみるとVMwareでは操作画面のキャプチャが
できるらしい。
しかもわざわざ「VMware Video」という独自形式で保存しちゃったり
するらしいので困ったものです。

以下のサイトから、VMwareのインストールされていない端末で
再生可能になる「Movie Decoder」が入手できます。
これをインストールすればOK。

http://www.vmware.com/download/ws/drivers_tools.html


未だに「avi」ファイルのコーデックっていうのは鬼門です。。

【news】知ってるような…知らないような

今週のアメリカ映画興行成績第1位を獲得した
SFパニックムービー「KNOWING(ノウイング)」です。

ニコラス・ケイジは最近「NEXT」とか、若干胡散臭い役が
多い気がしますが、この映画では安定感のある役どころでしょうか。

物語は大災害を予知する謎の暗号を解読していく、という類のもの。
いかにもありがちではありますが、予告編を観る限りでは
かなりのスケールの大きさに驚きます。

監督は「アイ、ロボット」や「ダークシティ」など、
一見地味ながら良質の作品を取り続けているアレックス・プロヤス。

日本公開は…いつのことやらですが気になる1本です。



一方、日本公開が迫る「ウォッチメン」は今ひとつ不振だそうです。。

【life】かわいい子にはおもちゃを与えよ?

こんばんは。
世間ではWBCの日本優勝や成田空港での貨物旅客機墜落
(アメリカでも小型飛行機の墜落事故があったそうですが)、
はたまた民主党小沢代表の進退などなど、荒れに荒れている
世界でございますが、そんな中私がついつい読んでしまった
記事をご紹介します。

ロングセラーを連発するこの観察力を見習うべし
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20090318/189246/?P=1&ST=spc_fl

※ユーザ登録が必要かもしれませんのでご注意。

というわけでNBOnlineさんの記事でございます。
仕事中でもついつい読んでしまいます(苦笑)

とある玩具メーカーさんの話なのですが、いやはや商品開発とは
奥が深いものだと考えさせられます。
単純にターゲット層の人口比率がどうだとか、よくある
統計データを元にしただけの市場調査などからさらに一歩踏み込んだ
視点での商品開発。面白いです。

自分に子供が出来た日にはここのおもちゃを買ってあげたいですね。w

【movies】テラビシアにかける橋

監督:ガボア・クスポ
出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ、他

秀作ファンタジーです。
てか、この作品のジャンルはファンタジーでいいのか?という気もします。

11歳のジェスは貧しい家に育ち、たくさんの姉たちの中で
ひとり孤独を感じていた。
父は娘にはやさしいが、息子であるジェスには厳しく映る。
学校に行けば今度はイジメを受ける毎日で、空想の絵を描くことだけが
楽しみだった。
そんなある日、クラスに転校生がやってくるのだが…。

この作品はすべて子供の視点で描かれますが、大人になったからこそ
理解できる、感じるものが多くある作品といえます。
ストーリーの中心は転校生であるレスリーとジェスが、空想の王国を
創っていくことにありますが、大事なのはそういった関係が現実の世界に
さまざまな、微妙な変化をもたらすことにあります。

ひたすら内向的だった少年が少しずつ、人とかかわることを覚え、
自分の努力や頑張りによって人間関係はより良くしていくことが
できるのだという、シンプルではありますがポジティブな精神が
作品を貫いているところに思わず感動してしまいます。

ある人が“「パンズラビリンス」を闇とするならこれは光だ”と
言っておりましたが、まさにその通りです。w

主役が全部子役なのに、これだけ大人を納得させられるような
物語に仕上がっているのもたいしたものです。
某ナルニアのような子供だましとは違います。
子供心の機微をきちんと捉えた演出もさるものですね。

全体も95分と、コンパクトにまとまっているので
非常に観やすいです。長すぎず、かといって短すぎもしない
絶妙なまとめ方だと思います。

お時間があるならぜひ、借りてみてください。


☆×4(5点満点中)

ちなみにパパを演じるのは、T−1000の人ですよ。w

【news】キャシャーンのあの人が…

「CASSHERN」の紀里谷和明監督が延べ3年の制作日数を
かけたという作品、「GOEMON」の予告編です。

相変わらず、日本映画としては突出したビジュアルセンスで
ありますが、果たしてストーリーラインはいかがなもの
なのでしょうかね?



5月1日公開です。

 | HOME |  »

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2009-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks