【movies】交渉人 真下正義

監督:本広克行
出演:ユースケ・サンタマリア、寺島進、水野美紀、他

最近ふと思うんですが、いい映画ってのは最初の5分くらいで
違いを感じますね。
観客の惹き付け方が違う気がします。
もちろん、徐々に魅力の出てくる作品もありますが。
本作は前者ですね。
テンポの良いカットの切り方と渋いカメラワークがたまらんですなァ。
人物紹介の手際が特に素晴らしい。

さて、物語は弾丸ライナーという謎の犯人が警視庁に
挑戦状を叩きつけたところから始まる。
地下鉄の運行管理システム障害と合わせて新型の実験車両“クモ”が
乗っ取られ、交渉課が対応することに。
犯人の要求は警視庁初の交渉人・真下との対決なのか、それとも…。

地下鉄という、私たちの生活に密着していながらあまり知られていない
その裏側の紹介や説明もスムーズで、全編ダレない構成はお見事。
地下を不気味に走るクモのデザインもなかなか秀逸だし、
姿の見えない犯人の車の描写だとかこれまでの「踊る」になかったような
ショットの質が高かったんじゃないかと思います。

しかしながら最後に惜しむらくは、犯人の正体が不明のまま終わること。

それはそれで、ミステリアスな余韻を残すんだがやっぱり
犯人逮捕・動機解明まで描いてこそ、刑事ドラマの真骨頂が
あるんじゃないだろうか。
映画版ではこれまでにもモラルの欠けた若者やリストラされた
サラリーマンなど、時代に即した犯人を描いてきただけに、
ちょっと残念だなぁ。


☆×4(5点満点中)

脇線って都市伝説なんですかねぇ?

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks