【gourmet】ラーメンハンター VS チャイナポートの手もみラーメン・前編

名古屋のラーメンといえば、さっぱり如水!
(過去の記事⇒http://isproduction.14.dtiblog.com/blog-entry-18.html

というこれまでの定説に挑む新たなラーメンを
いただきました!

それが、

チャイナポートの手もみラーメン!!


チャイナポート

名前からして香港とか、中国料理店をイメージしそうですが

マチガイです。(唐沢)


れっきとしたラーメン専門店なのであります。
(HPはこちら⇒http://www.nyan-nyan.co.jp/chipoy/chipoy.htm
※今回は焼山店にお邪魔しました。


手もみということで、麺を手でもみ、独特のちぢれを
作っているのだとか。。。
っていうか、店内に入ると客が一人しかいない!

大丈夫なのか、本当に美味いのかこの店は?と
不安になるのですがそのくらいで動じてはいけません。
ケータイカメラのシャッター音が響くからといって
写真を撮るのをヒヨってもいけません!

というわけでいざ、注文!

手もみラーメン01

具材がネギとチャーシューとメンマのみというシンプル構成。

注文から僅か数分で出来上がり⇒待ち時間=麺のゆで時間

なのが嬉しいのやらなんだか悲しいのやら…。
しかし味のほうは確かですよ!

ちなみにこのスープはなんとアサリのだしなんだそうです。

手もみラーメン02

さっぱりなのにアサリの風味とコクが生きてる!

これは美味い。


楽勝でスープ全飲みです。w

と、思って安心していたら
なんとこのお店のスープには2種類あるのだとか。

それがすなわち

ノーマルとハード。


分かりやすいんだか分かりにくいんだか不明ですが、
ハードの方がスープがピリ辛になっているのだそうです。
ちなみに今回のはノーマル

ってことは次回に続くのかぁ?!

【movies】チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光

監督:中村義洋
出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、他

拡張性心筋症の治療にあたって行われる「バチスタ手術」は
成功率が6割程度と、高度な手術である。
東城大学付属病院では専門のチームを編成し、この手術をこれまで
26件パーフェクトに成功させていた。
しかしこのところ、3件連続での失敗。
そんなことを露ほども知らない診療内科医の田口はある日、
院長の依頼を受けてその原因を探ることになったのだが…。

一見シリアスなドラマなのかと思ったらミステリー。
竹内結子のほんわかした雰囲気と所々に散りばめられた
恐らく笑いどころと、強烈なインパクトを表現している
阿部寛やバチスタチームに配された個性的な俳優陣を
見ると配役の妙はある気がする。

外科手術は全くの素人という田口先生(竹内)が主役なので
バチスタ手術とは、というところから説明してもらえる親切設計。
昨今の医療に関する種々の問題や厚生労働省の年金問題など、
そういった事柄に全く触れず
淡々と事件を追っていく構成は
エンターテインメントとして王道的?
その分ストーリーは理解しやすいのだが
一方でテーマ性が皆無なので観た後に残るものがないのは残念
と言える。

だいたい厚生労働省の役人が白鳥(阿部寛)のようにバイタリティに
溢れ、現場での交渉・推理のスキルがあるとはどうしても
イメージできない。

などと言いつつ、全編退屈することなくスムーズにまとめられた
ストーリー構成・編集はさるものか。
人物紹介も兼ねた序盤の聞き取り調査から中盤、一転して殺人疑惑の
調査へと切り替わり、謎の解明へとたどり着く終盤までの流れは
観客の興味を上手く誘導していると思うし、
映像的にも、シンボリックな手術シーンなんかはわりと見応えがある。

無難に一本観ようと思うならお勧めでしょう。


☆×3(5点満点中)

てなわけで、久々の更新でした。w

【movies】交渉人 真下正義

監督:本広克行
出演:ユースケ・サンタマリア、寺島進、水野美紀、他

最近ふと思うんですが、いい映画ってのは最初の5分くらいで
違いを感じますね。
観客の惹き付け方が違う気がします。
もちろん、徐々に魅力の出てくる作品もありますが。
本作は前者ですね。
テンポの良いカットの切り方と渋いカメラワークがたまらんですなァ。
人物紹介の手際が特に素晴らしい。

さて、物語は弾丸ライナーという謎の犯人が警視庁に
挑戦状を叩きつけたところから始まる。
地下鉄の運行管理システム障害と合わせて新型の実験車両“クモ”が
乗っ取られ、交渉課が対応することに。
犯人の要求は警視庁初の交渉人・真下との対決なのか、それとも…。

地下鉄という、私たちの生活に密着していながらあまり知られていない
その裏側の紹介や説明もスムーズで、全編ダレない構成はお見事。
地下を不気味に走るクモのデザインもなかなか秀逸だし、
姿の見えない犯人の車の描写だとかこれまでの「踊る」になかったような
ショットの質が高かったんじゃないかと思います。

しかしながら最後に惜しむらくは、犯人の正体が不明のまま終わること。

それはそれで、ミステリアスな余韻を残すんだがやっぱり
犯人逮捕・動機解明まで描いてこそ、刑事ドラマの真骨頂が
あるんじゃないだろうか。
映画版ではこれまでにもモラルの欠けた若者やリストラされた
サラリーマンなど、時代に即した犯人を描いてきただけに、
ちょっと残念だなぁ。


☆×4(5点満点中)

脇線って都市伝説なんですかねぇ?

【movies】大帝の剣

監督:堤幸彦
出演:阿部寛、長谷川京子、宮藤官九郎、他

時は戦国、ではなくて江戸時代。
豊臣家の血を引く姫と、やたら身体のでっかい用心棒、そして
姫のお供が繰り広げる冒険活劇。

豊臣の血を絶やそうとする徳川の手から逃れる舞姫はしかし、
野蛮な連中に捕まってしまう。
姫の家臣らに雇われた謎の用心棒・源九郎は圧倒的な強さで姫を救う。
だがそのとき、空から謎の火の玉が落ちてくる。
それは地球外生命体であり、失われた金属・オリハルコンでできた
3つの神器を探しにきたのであった…。

これまでの日本映画にはないエンターテインメントとか何とかいう
宣伝だったが、まぁこんなもんなのか、っていう感想。w

堤幸彦節はところどころに炸裂してるが、どうにも全体としては
こぢんまりしてる感が否めないなぁ。
地球外生命体とかオリハルコンとか、いろいろキーワードを
出したものの、もっと話の組み立てようはあったんじゃないかって
感じてしまうのが残念よね。
3つの神器も、どことなくベタだし。。

ところどころ怪演を見せる役者の面白さなどはあるものの、
ストーリーは最初から脇に置いとくとして、特撮だとかアクションだとかも
微妙なラインって感じが否めない。w
つまるところ、映画にする必要あったのか、これ?

堤監督は有名だから何をやってもいいってあたりが
オチなんでしょうかねぇ。


☆×2(5点満点中)

アイデアの素はいろいろ拾えそうだけどね。

【gourmet】ラーメンハンター VS 好来の薬膳ラーメン

さて、ラーメンにも実に様々な種類があるもので、
薬膳ラーメン
なるものを食べてきました。

ラーメン食べて身体にいいなんて、ミラクルだと思いません?

こうらいの店構え

行ってきたのは好来というお店。
場所は⇒愛知県名古屋市千種区春岡通6-1-16
最寄り駅は地下鉄桜通線の吹上駅になります。

その道では有名みたいです。
住宅地のど真ん中にあるので普通に生きてたら
たどり着けないでしょう。w

で、ラーメンはこちら。
とりあえず初心者は「松」を頼めと、諸先輩方のアドバイス。

こうらいのラーメン


…麺がない。


なんてことはありません(笑)
が、確かにこのスープの量は多い。w

で、飲んでみると確かに薬膳っぽい辛味と風味。
ベースはしょうゆラーメンみたいな感じですが、なかなか独特でイケます。
何となく、身体にもよさそうな。。。

こうらいのスープ


…すなわち飲め
ってことなんでしょうか??

ただ、いくら身体に良いとは言っても

限度はあるでしょうが。w



ちなみにテーブルには高麗人参酢が常備してあり、これを
入れるとまた味がしまって美味くなるわけですよ。
ただ、いくら美味しくなるからと言っても

ただでさえ量が多いので
飲みきるのはしんどいです。

皆さんも理科で習ったと思いますが
液体は気体と違ってそれ以上押し縮めることができませんから、

スープの体積<胃の容積


である以上、原理的に飲みきれません。w
(ただし、胃の膨張や腸への流し込みは考慮しないものとする)

ていうか、午後から仕事なので。


吹上に来ることがあったら、また行ってみよう。

 | HOME |  »

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks