【movies】ダイ・ハード4.0

監督:レン・ワイズマン
出演:ブルース・ウィリス、ジャスティン・ロング、他

いつの間にか「不死身の男」になってしまった
マクレーン刑事と行くアンラッキーツアー第四弾。

ハッカーのマットは、謎の依頼人から受けた仕事をこなしていた。
しかしそれはサイバーテロ集団の恐るべき計画の一端であった。
そんなことなど露ほども知らないマクレーン刑事は、
深夜、娘とまたしても口ゲンカしてしまった嫌な夜に、
大至急マットをFBI本部へ連行しろという指示を受けてしまう。
渋々従うマクレーンだが、そこで謎の武装集団に襲われ…。

「1」のときは気が弱くて逃げ腰で、

ただ不運なだけの刑事
だったのが、

血みどろの修羅場を潜ったせいか頼もしいお父さんへと
成長したマクレーン。
「2」の時に見た流血とひよりっぷりは今でも私の
ヒーロー像です(笑)
そう考えると今回は肝が据わってるというか、
決死のアクションに対する決断力というか、

ただ無茶なだけ。


って気もするんですが、まあいいでしょう。
ともかくも不死身は人類の夢です。

さて、多分当初の計画になかったであろう「4」ですが、
なかなかアクション映画としてはよく出来ています。
しかもサイバーテロものの描き方としては、結構色々
考えられていてIT素人にも分かりやすく、最後まで
満足のエンターテインメントで終わります。

監督は「アンダーワールド」を撮ったレン・ワイズマン。
テンポ良く、ダイ・ハードらしい決死のアナログアクションが
次々と観れ、かなりストレス発散できますね。W
いともたやすく車をヘリにぶつけたり、発電所をぶっとばしたり。

特に、F35を登場させたのは当たりですね。
垂直離着陸もこなせるF35ならではの、まさかの
トラックとのチェイスでは完璧に高速道路をボコボコに
してましたからね。

これが国家防衛の意気込みでしょうか。


日本映画界はまだ、銀座でのカーチェイスすら実現できない
というのに…。

ところでテロリストの女が荒川静香に見えてしょうがない。
メガネ変えるか(笑)


☆×3(5点満点中)

エンターテインメントとしてはかなり申し分ない域です。

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2008-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks