【movies】アイ・アム・レジェンド

監督:フランシス・ローレンス
出演:ウィル・スミス、アリーシー・ブラガ、他
アイアムレジェンド


直訳すると「私は伝説」。
やや上から目線で考えると「俺は伝説だ(なんだこの野郎)」。
芸人・はなわが監修したとすると「俺はガッツ(石松)」でしょうか。
翻訳の奥深さが味わえますね。


……さて。

西暦2012年。ウィルスの蔓延によって人類が死滅した後、
ただひとり、ロバート・ネビルはニューヨークに暮らしていた。
有能な科学者でもある彼は愛犬のサムと共に日々食料を調達し、
ウィルスを克服できる血清の開発を続けていた。
毎日無線を通じてメッセージを発信するが誰からも応答はなく、
今日もサムと共にハンティングを行っていた。
そんな折、獲物を追ってサムが真っ暗闇のビルに消えてしまう。
ダークシーカーズ(闇の住人たち)の巣である建物を決死の思いで
捜索するネビルだが…。

と、ありがちなSFアクションかと思ったら、ビックリするほど
ホラー映画なのでビビリまくり。w
特に前半の捜索シーンはめちゃくちゃ怖い。
何が出てくるか分からない真っ暗闇をライト一本で進むってアンタ、
久々に“見えない恐怖”を味わったぜ。

ていうかウィル・スミスの演技が

マジで怖がりすぎwww


久々に演技力という言葉を意識しますなぁ。
世界にたった一人っていう設定がまた
「キャストアウェイ」的じゃないですか。
レンタルDVD屋でマネキン相手に話す姿は、

笑っていいものか戸惑うよ!(笑)


まあ、自分も同じ状況なら同じことしそうな気もしますけどね。w


というわけで本作のテーマは孤独と希望であります。

たった一人で絶望の中を生き抜く現在と、マンハッタンが封鎖される時の
家族との過去がオーバーラップされる構図。
一人になっても人間性を失って折れることなく、ただひたすらに
血清の開発という希望を掴もうとする姿、そして愛犬との強い絆など
ネビルの背負うものの尊さが胸を打ちます。

そしてラストではそんなネビルの心境の変化、すなわち
「掴み取るだけの希望」から「次の世代へ託す希望」へとその想いが
変わっていく様が印象的でした。

自分たちの希望ばかり考えがちな現代ですが、やはり
次の世代、ひいては未来の世代のために希望を繋ぐことが
大事なのだというメッセージが見えたような気がして、

個人的にはオールオッケー。


全編1時間45分なのでかなりスムーズな展開。
「コンスタンティン」を撮ったフランシス・ローレンス監督だけあって
構図のセンスは(私好みで)素晴らしくキレイ。
ドラマとエンターテインメントを両立できる人かも知れないですね。
リアリティある作風も良いです。

気になるところとしては、ダークシーカーズは、個人的には
もうちょっと作りこみが足りないかも。
アクションが激しすぎるからCG、っていう判断だったのだろうか?


☆×4(5点満点中)

そうして彼は伝説になったのさ。

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2008-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks