【movies】フランキー・ワイルドの素晴らしき世界

監督:マイケル・ドース
出演:ポール・ケイ、ベアトリス・バタルダ

DJ界における伝説的人物、それがフランキー・ワイルド。
本作は失踪してしまった彼の姿をドキュメンタリータッチで
描く作品。

その天才的なセンスでダンスミュージック界を席巻するフランキー。
酒と女とドラッグに溺れながらもその実力は誰もが認める
ところだった。
だがある頃から、耳が次第に聞こえなくなる。
それはDJにとって職業病ともいえるものであり、
耳が聞こえなければ、よほど特殊な例を除いて音楽業界にはいられない。
フランキーもその多分な例に漏れず挫折し、ドンゾコへと落ちる。
しかしヤク漬けになり、発狂した彼はある日
読唇術を教える女性に出会うのだった……。

人気沸騰のクラブシーンから、一転して奈落の底へ。
そこから始まる再起のストーリーは、シンプルながら胸を打たれる。
まさに天才だなと思わされるものだ。
はっきり言って執念、ぐらいしか形容詞が見当たらない。

ところでこの作品に描かれているフランキー・ワイルドは本人では
当然、ない。
というか実はフランキー・ワイルドなる人物は実在していない。
でも知らない人(例えば私)に言わせれば彼は間違いなく存在している。
(変な話だけど)
前半と後半(特に、終盤)とで生まれ変わったような姿を見せる
主役を演じたポールの演技にはそれくらい存在感があると言っていい。

また、演出もさるもので、
爆音の響くクラブの世界と何も聞こえない世界の表現との
対比が上手い。
加えてデカいぬいぐるみが襲ってきたり、花火で自殺を図るとか
シュールな演出も随所に盛り込まれていて
さりげない見所だったりする。
人間狂うと行き着くとこまで行くもんだなっていうか。w


かくして彼は彗星のごとくカムバックし、また彗星のごとく
サヨナラも言わずに行ってしまったのだ。


☆×3(5点満点中)

こういう映画のサントラは良さそうですね。

【movies】10ミニッツ・アフター

監督:デビッド・ヴァン・エッセン
出演:ショーン・アスティン、ヴィニー・ジョーンズ


10分間だけ時間を戻すことができる(正確には、次元転移ができる?)
装置を発明した科学者と、なぜか彼を追う二人のFBI捜査官。
彼らがXファイル課かどうかは不明だが、
ともかく装置の実験にやってきた銀行に銀行強盗が押し入り……。

ってなわけで、久々のB級映画だぜ!
意外に面白いってレビューを見たので借りてみたぜ!
科学者役はどこかで見たことあると思ったら、
「ロード・オブ・ザ・リング」でサム・ワイズを演じてた
ショーン・アスティンじゃないか!(こんなところで奇遇だな)
やっぱりホビット族は普通の人間のサイズになると誰かわかんないぜ!

果てさて、物語は銀行強盗から始まって銃撃戦にカーチェイス、
バスジャック、そして果てはハイジャック(?)とてんこ盛りの展開。
シーンのつなぎはちょっと腑に落ちない会話シーンだが、
流れがダレないギリギリの編集で次にバトンタッチしていく。
FBIの手際が悪いのは予算の都合だ、許してくれ。
若干間の悪いカメラワークも残念だったりもするが。

しかしながら(?)、さすがのクライマックスは見入ってしまう。
「そういう感じでおわるのね」っていうラストもふーん、て感じ。
このB級的、突っ込みどころが満載なのがまたいいね。

ショーン君には今後はぜひ、ちゃんとしたメジャー映画に
出てほしいですね。


☆×2(5点満点中)

でもやっぱB級はモンスターパニックかなー。

【technology】一晩でできなかった。。

先日紹介した景観CG作成ソフトの「terragen2」に新バージョンが
リリースされました。
今回のterragenはソフト起動時に、新バージョン有無について確認して
くれる機能がついているみたいですね。
いちいちアンインストールするのは少し面倒ですが。。。


さて、寝る前にちょっとterragenをいじると、
いい具合に眠気が吹っ飛んで時間も忘れてのめり込んでしまいます。w

昨日もいろいろとパラメータをいじって遊んでいました。
その時にふと気づいたことがあります。それは……

terragen2では雲海を表現できる ⇒ 雲の中に入ったような画像も作れる。

実際、terragenのギャラリーにはそれらしき画像が貼ってあったり。

http://www.planetside.co.uk/gallery/v/tg2gallery/?g2_page=2



もくもくと湧き上がる入道雲とか作ってみたいなー、と。
というわけで、創作意欲の火は創作でしか消せないわけで。

作りました。

でも、上手くいきません。。(泣)

レンダリングに8時間半もかけたのになぁ。。。

雲の画像

ローマは一日にして成らず、ですか。

しかしギャラリーに掲載されている画像はどれも

人間が作ったとは思えん。

アルゴリズムの問題?

【movies】レディ・イン・ザ・ウォーター

監督:M・ナイト・シャマラン
出演:ポール・ジアマッティ、ブライス・ダラス・ハワード他

マンションの管理人・ヒープにとって日々とは淡々と過ぎていくもの。
変わり者たちの住人とのやりとりもそこそこに。
だがある日、プールに謎の人影が。
その女はストーリーと名乗り、自分を“ニーフ”だという……。

どこにでもありそうな日常から一転してファンタジーの世界に迷い込む、
シャマラン節は本作も健在です。
しかもこの物語はシャマラン監督自身が、自分の子供たちを
寝かせるためにつくったおとぎ話ってことでよりファンタジー色が
強いですね。
怖いシーンもほとんどないので、ホラーが苦手な人にも大丈夫。
(でもマニアにしかウケないかなぁ。。)

ストーリーが語る伝説(あるいはおとぎ話)を元に、そこに
登場する役割をもった人物をマンションの住人から探し出す、
というのが本作の話の中心的な部分。
あるヒントが与えられ、それを解釈して当てはめていくのだが、
途中はなんだか映画のストーリーの解釈論みたいなのもあって
なかなか不思議な感覚にさせてくれます。

普段何気なく見て流す生活も、なんらかのストーリーを軸にして
見ると思いもよらぬ展開が生まれるんじゃないかという期待感。
これを見れば日常生活が楽しくなる……ことは稀だと思いますが、
ニーフの登場をきっかけとして主人公が変わり、それに影響されて
周りの人々も変化していくっていう感覚は大事にしたいものだと思います。
(それにしても登場人物たちは素直すぎますかねぇ。。)

映画もストーリーもあくまできっかけ。
大事なのはそれに触れた我々がどのように受け止め、
変化していくかってこと。
といったところで締めておこうか。


☆×3(5点満点中)

それにしてもラストシーンの、水面のショットは秀逸だなァ。

【gourmet】ラーメンハンター VS 如水の塩ラーメン

今日はたまたま休みをとったので、思い切って2度更新です。

名古屋で一度行ってみたかったラーメン屋に、
ついに行ってまいりました!

その名も「如水」。

栄から名鉄瀬戸線っていう電車に乗って、森下駅で下車、
そこから歩いて10分くらいですかねぇ。
(名古屋駅から行こうとすると4、50分くらいかかるかも)

店の住所は⇒愛知県名古屋市東区徳川町201


注文したのは、塩ラーメン。↓

如水ラーメン1


すっげーシンプルですが、店に入った時から
気になってた魚介のいいスープの匂いがたまりません。↓

如水ラーメン2


しかも麺は、長浜ラーメンを思い出させるような細麺!↓

如水ラーメン3


替え玉もできます。

さっぱりなのにコクがある。
バリバリ食えてしまいます。
(ひょっとして、調布の藍島より好きかも。。)


ちなみにこの店にはあと、しょうゆラーメンと、つけ麺があるのです。
そしてつけ麺にすると何と、残ったスープにご飯を入れて
雑炊にできるというサプライズ!↓

如水ラーメン4


これがまた、本当に雑炊っぽい味で美味い。ww
(写真は、一緒に行った会社の後輩が頼んだのを撮らせて
 もらいました。)


店内には自慢のラーメンに使われている食材が貼ってあったり。↓

如水ラーメン5


使われている煮干は、

なんと富山県氷見産です。

お兄さんは無条件でこの店のファンになります(笑)

また来よう。
いや、是非行こう。

 | HOME |  »

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2007-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks