【act】初めての劇団四季

観に行こうと思っていてなかなか行かないものの代表といえば、
劇団四季?!という気もするくらい、昔からスルーして
しまってました。

しかしながらこのたび、ようやくその舞台を拝むことができましたよ。

行ってきたのは京都劇場で上演中の「美女と野獣」です。
「美女と野獣」といえばディズニーのアニメ映画で、かつて
アカデミー賞作品賞候補になった作品というわけで、
個人的な興味もあったところです。
(大方の予想通り、アニメ映画のほうも未見ですが(笑))

はてさて、加えてプロのミュージカルっていうのもかつて
観たことがなかったので、その雰囲気も知らなかったのですが
なかなかビックリでしたね。w

まず驚くのは舞台装置でしょうか。
学生演劇の感覚からいくと、暗転してからいかに素早く
場転するかっていうのは重要な問題でもありますが、
さすが劇団四季ともなると動くわ回るわでスゴイです。
ついでに舞台がでっかいだけあって大きくて豪華で迫力あります。
Power of Money…いや、愛の力でしょうか(笑)

加えて火薬を使ったり、なかなかトリック的な演出も
ちょくちょく観れて驚かされました。
どうやってるんだろ?と裏側を想像しながら観る楽しみも
結構ありましたね。
夢がないとか言われそうですが…気になるんだからしょうがない!
私も一度やってみたい。w

しかしながら一方で、違和感を感じたことといえば
“マイク”を使っていることでしょうか。
なんかこう、俳優の口じゃないところから声が聞こえてくる
違和感っていうのがずっとありましたねぇ。
個人的には演劇っていうのは発声練習があって地声で
喋るものっていう感覚があったのですが、
まあ考えてみればずいぶん広い会場ですから、一番奥の座席の
観客にもきちんと伝えるという配慮なのでしょうね。


さて、ここまでストーリーに関する記述一切無し(笑)

ですがもちろん、ストーリーもいい感じのハッピーエンドで
観終わったらおなかいっぱいって感じです。
野獣のコミカルな演技とかも意外と笑えて良いです。

休憩挟んで約3時間なのでなかなか長丁場ではありますが、
一度こういうのを観ておくのも悪くないですね。
「マンマミーア」観とけばよかった…。

みなさんも機会があれば是非どうぞ。



【act】そういえば、コルテオを観てきました

ちょうど私が大阪にやってきた頃、大阪の中之島という島に
おっきなテントが造られていて何かと思ったら「コルテオ」だそうで。

前回の「ドラリオン」を観てなかなかスゴイもんだと思ったので
観に行ってきましたよ。
何気に家から歩いて2、3分ですしw


さて、今回は“人の死”みたいなのがテーマとなっているようです。
冒頭、物語の主人公となる人物が息を引き取ったところから
舞台の幕が上がります。

全体的にはお葬式をイメージしたような雰囲気だったり、
ちょっと死後の世界とか昔懐かしい思い出が甦ったり、
といった具合で演目が展開していきます。
独特な美術世界も、ひとつの見所と言えそうです。

そして相変わらず、というかシルク・ドゥ・ソレイユの舞台は
迫力があって「おぉ」と唸ります。
クライマックス近くの鉄棒なんかは、かなり圧巻の領域ですよ。
笑いもちょこちょこ織り交ぜてくれるので
すごく親近感が沸くあたりも良いですね。


しかしながら、個人的には情熱的でエキゾチックな感じのする
前回の「ドラリオン」の方がすごかったなぁ、という印象です。
世界観という意味では今回はかなり完成された世界であったと
思いますが、まあ前回の方が迫力あったかなと。

とはいえ、初めて観るならシルク・ドゥ・ソレイユの魅力は
ばっちり伝わるはずですので、今後公演が回ってきたら
是非行ってみて損はないでしょう。


ちなみに今回はケチってB席にしたのですが、やっぱり真ん中くらいで
観れるのがいいなぁ、としみじみでした。
「ドラリオン」の時とは舞台の構造が違うので、左右両脇だと
少し見えない部分が出てしまうのです。
あと、風船に乗った人のアトラクションが楽しめるのは
真ん中だけですので。w

【act】ダイハツ ドラリオンを観に行って来ました

さて、ここ数年のことですが「サルティン・バンコ」とか
何とかいう企画がいくつか日本にやってきてますよね。
モーニング娘。とかが宣伝してたりするので
一体何?って思っていたので、ついに好奇心に押され
観に行ってしまいましたとさ。


その名も
ダイハツ ドラリオン。

ドラリオン


いつも通ってる映画館のすぐ隣に、秋ごろから
にょきにょきっとできた特設会場での開催です。

で、観に行って分かったのですがこれはいわゆるサーカスって
やつなんですねぇ!
(実は何かの演劇みたいなもんかとも思ってたんですが…。)

といっても玉乗りする像とかピエロみたいな熊とかが出てくる
わけではなくて、スーパー人間たちが繰り広げる曲芸の数々って
感じなわけですか。

ものすごく身体の柔らかいお姉さんに始まり、
ジャグリングやトランポリン、天井から垂らした2枚の布を
使って空中に舞い上がっていったりと

ほぉ〜〜〜

っていう感じで魅入ってしまいます(笑)

でもって所々、ピエロ的な役割を担う3人のおっさんたちが
出てきて笑いをとったり観客を盛り上げたりしてくれます。

ちなみにそのうち一人が

鉄拳の平八か電撃ネットワークの人

みたいな髪型
なのが凄く気になってしょうがなかったです(笑)

シルク・ドゥ・ソレイユはカナダのケベック州が
本拠地とのことなので多分フランス語なんでしょうけど、
何を言ってるかさっぱりわかんないのにアクションだけで
笑いをとってるのが印象的でした。
笑いは国境を越える。

そして全体としては何らかのストーリーか、テーマみたいなものが
あったのかもしれないですが、そこは残念ながら解読できず。。。
とりあえず面白かったということは言えるかな!
サントラがちょっと欲しいかも。

今後はまた東京と、福岡に行くそうです。
たまに刺激が欲しい人は観てみてはいかが?


ちなみに私の座席はS席だったので中央のステージを真横から
見るくらいの位置だったんですが、まったく問題なしって感じでした。
ステージもそんなに高くなかったので、無理してSS席を
買わなくてもよいかも。
ご参考まで。


公式サイト↓
http://www.fujitv.co.jp/events/dralion/

 | HOME | 

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2017-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks