【technology】Windows7の「XP mode」はいわゆる仮想化か

小沢代表の辞任をはじめ、今日のネット上にはまた様々なニュースが
飛び交っておりますが、マイクロソフトのWindows7は歳末に
リリース、ということに決まったようですね。

さて、WindowsXPへの対応も正式には保障されていないような
レガシーアプリケーションを日々使っている私のような
人間にとって気になる機能が「XP mode」というものです。

なんじゃらほ?

って感じもしますが、これはいわゆるWindows7上で仮想マシンを
動かす機能なようですね。

Windows 7の新機能「Windows XP Mode」を使ってみる
http://enterprise.watch.impress.co.jp/docs/series/virtual/
20090511_168067.html


Windowsに標準でVMwareがついているようなもの…いやHyperVか?

しかしながら当然、OSの上で別のOSを動かすわけですから、
相応のスペックのあるマシンでないと十分な環境は
作れないのでしょうね。

私の気になる動画編集ソフトなんて、まっとうに動くのか
一抹の不安を覚えます。

しかも以下のサイトの記事によれば仮想化支援機能対応のCPU搭載や
Professional以上のWindows7でなければ対応してないらしい。

Windows 7プレビュー 第2回 Windows XP Modeとディスク管理機能
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/productreview/win702/win702_01.html


ますます敷居が上がるわけですねぇ。
加えて仮想OSにはウィルス対策などは個別で行わなければならない、
ということらしいので面倒この上ない。
まあ仕方ない気もしますが。

どこかにAdobe落ちてないかな…いや、それはライセンス違反か?

【technology】Web2.0の終焉??

今やすっかり「Web2.0」も死語になってしまいましたが、
ここにきてついに止めをさす(!?)刺客とも言うべきサービスが
出現したようです。

その名も「セルフSNS」。

コラボレーションがキーワードだったWeb2.0に対し、
「コミュニティとかウザい」、「人付き合いとかどうでもいい」的な
観点からサービス開始した新しいSNS??
曰く、一人で好きな妄想に没頭できるとか。

・・・やってみたい(笑)


セルフSNSトップページ
http://self.dj/


1人遊び専門「セルフSNS」 「SNS本来の趣旨を大幅に逸脱」 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0904/15/news054.html

「自分だけの世界を思う存分吐き出して!」妄想専門『セルフSNS』がオープン
http://getnews.jp/archives/9453



セルフなので、招待状ナシで無料で登録できます。w

運営しているのは「妄想管理委員会」という団体で、主な活動内容は各人の
脳内にあるのでボンヤリしている、のだそうです。

【technology】まさかそんなavi

先日、プレゼンをする機会がありました。
その中で実際の画面操作イメージを
デモンストレーションムービーで見て頂こうと考え、
「avi」形式のファイルを同僚の方からもらったのですが…素直に
Windows Media Playerで再生ができないので、これはイカンと
いうわけです…。まあよくある話?

基本的にはどういうソフトで作ったファイルなのかってことを聞くのが
常套手段ですが、そんなときに限って連絡が取れないのも現場では
よくある話ですね。。

相変わらずMedia Playerのヘルプも意味がよくわからないですし、
そんなときに頼りになるのがコーデック解析ツールです。
今回は「MMname2」っていうのを使いましたヨ。
こんな感じでコーデック情報が見れるので便利ですね。

mmname2

表組みになってるので見やすい。

…で、映像コーデックは不明となってるんですが、
なにやら見覚えのある単語も並んでますねぇ。
なぜに「VMware」??

ってなわけで調べてみるとVMwareでは操作画面のキャプチャが
できるらしい。
しかもわざわざ「VMware Video」という独自形式で保存しちゃったり
するらしいので困ったものです。

以下のサイトから、VMwareのインストールされていない端末で
再生可能になる「Movie Decoder」が入手できます。
これをインストールすればOK。

http://www.vmware.com/download/ws/drivers_tools.html


未だに「avi」ファイルのコーデックっていうのは鬼門です。。

【technology】人に聞けないSaaSとクラウド

さて、曲がりなりにもIT系の業界にいると、いたるところに
見慣れぬ文字が出てくるわけです。

今日のお題はもう、登場してから数年になるのでしょうが未だに
「それ何?」っていう感じがして困ります。
しかしながら人に聞いてもピンとくる答えもなく、結局自分で調べるしか
ないとあきらめて、ようやく少しガッテンできたかなという感じになりました。

というわけで本日の記事が出来上がったわけです。


まず概念としては以下のサイトが、一番わかりやすかったですね。

立ち上がる4つのクラウド
http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/0h0i/101059/


もはやタイトルの通りでありますがそもそも「クラウドコンピューティング」と
いう概念の中の一つに、いわゆる「SaaS」も含まれている構図ですかね。

クラウドの基本的な概念はインターネット、すなわちユーザに
とって見れば外部にある資源を使うということです。
要は利用する資源の中身がソフトウェアなのか、ハードウェアなのか、とか
いった違いがあるわけであり、その辺がサービスの違いでもある
わけでしょうか。

あんまり知らなかったですが、Amazonさんなんかはハードウェアを
ネット上で提供するサービス形態だったようです。(CPUとかHDDの間貸し)


で、いわゆる「SaaS」というのは上記サイト中の「ソフトウェア・クラウド」、
「デスクトップ・クラウド」、「サービス・クラウド」あたりに該当する
イメージになるかと思います。(広義では)

一昔前に(というか今もありますが)、
ASP(Application Service Provider)というサービス形態がありましたが、
これとSaaSがどう違うのか、ていうのもありがちな議論ですね。

基本路線としてはASPもSaaSもニアリーイコールっぽいです。
ユーザにしてみれば自分でソフトを買わなくて済む、月額払いで済む、
といった利用スタイルは変わらないわけです。
ただ、ASPとの違いはその拡張性・柔軟性にあると言えそうです。
以下のサイトが詳しい感じですが

http://saas.typepad.jp/saas/2007/08/asp_06c0.html


従来のASPではカスタマイズなんて基本的に無理。
与えられた機能を使うしかないし、データ連携も不十分でしたが、SaaSでは
このあたりの考え方が違っており、カスタマイズや社内で使っている
システムとデータ連携させるといった大胆な使い方もできるように考慮されているようです。

ASPはかつて期待されたほどは流行らなかったので、同じ印象を持たれたく
なくてわざわざ「SaaS」なんて別の名前をつけた、という記事も
どこかで読んだ気がします。

かといって、大事な社内データを簡単にネット上に上げてしまえるかと
いう点は、検討の余地がありそうかなと個人的には思います。
もっとも企業としてはこれまで持っていた情報システム資産を外部に
出せるので、管理コストは下がりそうです。
既存の内製システムを置き換えるだけの高機能なサービスが登場するか
どうかも、今後もポイントですね。


ちなみにクラウドコンピューティングの市場は2011年には
1600億ドル(17兆円?)規模に拡大するという予測もあるようですが、
たった数年でそこまで世界が変わるのか??
今後の動向が気になりますね。


その他参考サイト

グーグルが勝者とは限らない!クラウドの上で始まるスカイコンピューティング戦争
http://diamond.jp/series/cloud/10001/


CIOが知っておくべき、クラウドコンピューティングとSaaSの「違い」とはhttp://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20081120/114154/

【technology】後継OS云々

新しいタイプの記事でも書いてみようかしら、などと思い。。

はてさて、事の発端は去年の夏。
長らく愛用していたPCがお亡くなりとなり、
諸行無常の精神を改めて考えさせられることとなりました。

で、新たにPCを買うときに多くのユーザが悩むことといえば、
OSどうするよ?ってことですかね。
ただまあ、その検討もあっさりと終わってしまいました。
なんてったって既存ソフトがXPにしか対応してないんですから、
それらも含めて一新は考えにくいというわけです。

しかしながら最近は、改めて今後のOS・ソフトウェアとの付き合いを
考える日々になりつつあります。


以下、ちょうど半年くらい前の記事ではありますが、
この時点ですでにVistaさんはお亡くなりになりつつあったのですね。

Vistaは企業市場で死に体――調査であらためて浮き彫りに
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0901/22/news064.html


で、最近ではとっととWindows7に行っちまうか的な機運が高まりつつ
あるようです。考えてみたらWindows7は今年中にもリリースでしょうかね。

「正しい方向に進んでいる」:
Windows 7でVistaの先を見据えるMicrosoft (1/2)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0901/22/news064.html


Vistaに関する記事が酷かったのに比べて、Windows7はやや好意的に
受け入れられつつあるようです。
(まあ、前が酷かったからそれほどでもない、っていう感触も
 あるのかもしれませんが…)
評判の悪かったインターフェースを改善し、体感速度面や
セキュリティ関連の規制を緩和したりと記事を読む限り好感が
持てそうではある。
(評価期間はもう終わってしまったみたいです)


というわけで、時代はあっという間にWindows7に向けて動いているらしい。
時節柄こういう記事も出るわけで。

Vistaにすべきか、Windows 7を待つべきか――移行に悩むユーザーへ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0902/12/news095.html


嫌らしいのは“Vistaと7の間の互換性は高い”という言い方ですね。
「迷ってるならVista買っちゃいなよ。互換性あるから」なんて、
上から目線やな〜。


さて、頭を冷やしてユーザの基本に立ち返ると、
ソフトウェアサポートをちゃんとチェックすることが大事です。
今のXPで動いているソフト達はいい加減どうなのかしら。と思って
調べてみると私が使い込んでいるアドビ製品はすでに全部、Vista環境は
推奨されないみたいです(笑)
まあ、98で動くようなシロモノもありますから当然ですね…。

ちなみにXP互換モードという機能がVistaには実装されていますが、
そんな怪しい機能の上で重たい動画編集ソフトやらを動かすのは
さすがにリスクを感じます。パフォーマンスも心配…。

買うか!


と思いアドビのページに行くと愕然とする値段に出会えます。w
SaaS…で動画編集はさすがにムリだと思いますが、
今後伸びてくれば多少は期待できるんでしょうかね??

Photoshopだけじゃない、アドビが全製品のSaaS化に言及
http://www.atmarkit.co.jp/news/200710/31/adobe.html

SaaS版Photoshopがついに公開、早速使ってみた
http://www.atmarkit.co.jp/news/200803/27/pse.html


ということで悶々とした日々は続くのです。
とりとめない記事ですいません。
ま、結論としてしばらくはXPですかね。

 | HOME |  »

Appendix

しまんちゅ

しまんちゅ

へこみやすい魚座、最近自分は天然かもしれないと思い始めたAB型。
寝ても覚めても映画に埋もれる日々が好きであります。
映画検定はまだまだ3級です。これからも頑張って勉強しようと思います。
その他、たまにロック、小説にふけり、思い立って旅行に行ったり写真など撮ってみたり。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

人気ブログランキングへ

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

ブログランキング【くつろぐ】

Categories

Recent Entries

Movie News

News of ASIAN KUNG-FU GENERATION

Recent Comments

Recent Trackbacks